プロフィール

はじめまして!

“ハシルコト”を管理しています、北海道札幌市在住の市民ランナー”げん”と申します。

1975年東京都生まれです。

2011年36歳の時に子供2人の事を考え、思い切って東京から北海道札幌市に移住しました。

妻・息子(11歳)・娘(9歳)・私の4人家族、現在私は43歳です。

元気に遊び回る息子(2012年当時4歳)と一緒に丸1日遊んであげられる体力が不足している(午後はもうグデグデになる)事を感じ、2012年の春頃から近所の公園で走り始めました。

公園で出会った先輩ランナーさんが私のランニングライフを変えた

最初は1kmや2kmしか走れず、膝が痛くなったり、やる気が無くなったりした時期もありましたが、夏が過ぎて秋になる頃には10km程度ならゆっくり走れるようになっていました。

そして2012年秋のある日、やけに元気な初老の男性に声をかけられました。

「ずいぶん良い走りしてるじゃないの!練習積めばサブスリーいけるんじゃないの!?」

「…むむ?サブスリー???」

「走ってるなら大会に出なきゃダメだよ~」

サブスリーという特殊専門用語(笑)の事はおろか、マラソン大会に出る事すら考えていなかったので、初老の男性に色々と教えて頂きました。

すると、どうやら雪深い北海道の冬を越すと、春5月にハーフマラソンとフルマラソンの大会があるとの事。

「走っている人は大会に出なさい、か。」

私は初老の男性の言葉を真に受け、翌年2013年5月の”日刊スポーツ豊平川マラソンハーフ”と”洞爺湖マラソンフル”に出てみようと決めました。

初フルでの挫折、2回目のフルも失敗

2013年5月、日刊スポーツ豊平川マラソンで初ハーフ。1時間46分1秒。

洞爺湖マラソンで初フルを経験しました。サブ4を目指すも4時間4分で撃沈。

初フルがあまりにキツくて、二度とフルマラソンは走りたくないと本気で思いました。

でも諦めず、同じ年の北海道マラソンで再びサブ4を目指す事に!

4時間00分10秒でサブ4挑戦2回連続失敗!!

「ちくしょーーー!!!」

母子球にヒビが入るんじゃねーか、という位の地団駄を踏む。

「サブ4って本当に難しい…」

フルマラソンを攻略する為に必要な2つの事を学ぶ

2013年の洞爺湖マラソンでの挫折、北海道マラソンでの母子球骨折2度目のサブ4失敗をして、自分に何が足りないか考えました。

よく考えると、そもそもフルマラソンを走り切る為の練習をどのように実施したら効果的なのかを全く知りませんでした。

色々相談出来る経験豊富なラン友がいなかったので、ネットや本でしっかり勉強する事に。

フルマラソンを攻略する為に必要な事。

1.フルマラソンを走る際、目標タイムに必要な巡航ペースを楽に感じる為のスピード練習

2.フルマラソンを走り切るスタミナ練習

「当たり前じゃねぇか!」

おっしゃる通りです(笑)

でも、それまで日常的にフルマラソンを意識した練習をやって無かったんです。

ジョグばっかりで、たま~にスピード上げて走る位でしたし、30km走などのロング走なんてほぼやった事がありませんでした。

この当たり前の情報に接しただけで、当時の私は目から鱗(笑)

割と何に対しても疑わない性格の私は

「よ~~し、次のレースに向けては、平日に1回閾値走(※)、週末に30km走をやるー!オレは絶対にやるー!!」

って決意しました。

※閾値走とは最高心拍数の88~92%、万全に仕上げたレースで60分間何とか走れるスピードで20分間走る、キツめのスピード練習。

閾値走について詳しい記事はこちらです。

「閾値走って何だ?」 「閾値走ってたまに聞くけど、本当に効果があるのか!?」 「Tペース走でフルマラソンが速くなるのか!...

松岡修造ばりの熱い男になり、いきなり情報に接した2013年9月に4回のスピード練習と、3回の30km走したら…

速攻で怪我しました(笑) そりゃそうだ。

「短腓骨筋腱炎」足のくるぶし外側が痛くなって走れなくなりました。

全治1ヶ月の怪我をした、その時に感じたのは

「ランニングっておっかねぇぜ~。」

休養メインで1ヶ月程で怪我が治ってからは、”熱い男”は”石橋を叩いて渡る男”にすっかり変貌。

徐々に、無理しない程度にスピード練習と30km走のペースを上げていく事に。

ほどなくして冬。

雪の多い北海道、スピード練習やロング走は屋内練習場でしか出来なくなりましたが、気持ちを切らさずに継続してきました。

閾値走とロング走の効果を強烈に実感した能登和倉でのサブ3.5

そして迎えた能登和倉万葉の里マラソン。

コースはアップダウンが多くタフなコースですが、序盤から予定通りの巡航ペースを守って順調。

30km以降は疲労と股関節の痛みで徐々にペースダウンしたものの、大きくペースを落とす事無く、3度目のフルマラソンは3時間29分16秒で歓喜のフィニッシュ!

洞爺湖での初フルと2回目の北海道マラソンで苦渋を舐めた事もあり、オッサン泣きました。

いい年のオッサンが泣いたレースの詳しいレポはこちら

2014年の能登和倉万葉の里マラソン、私がフルマラソンのPBを4時間から3時間29分に一気に更新したレースレポ、サブ3.5を目指す方...

そしてサブ3へ

閾値走とロング走の効果を実感した私はその後も閾値走とロング走を練習の軸に据えて継続。

1年のうち春と秋にフルマラソンを走っていくうちに少しずつタイムを伸ばし、2014年3月の能登和倉から2年8ヶ月後の2016年11月に開催された”つくばマラソン”でサブ3を達成(2時間59分30秒)しました。

また泣いた!初サブ3となった”つくばマラソン”のレースレポはこちら

2016年11月のつくばマラソンで、とうとう念願の初サブ3を達成しました。 サブ3を目指す方の参考に少しでもなれば幸いかと思い、掲載さ...

これから

2017年つくばマラソンでは2時間54分38秒までフルマラソンのPBを伸ばす事が出来ました。

2017年11月のつくばマラソンで、2時間55分切りを達成しました。 2時間55分切りを目指す方の参考に少しでもなれば幸いかと...

2018年サロマ湖100kmウルトラマラソンではサブ10(9時間56分15秒)達成。

2018年6月のサロマ湖100kmウルトラマラソンで、念願のサブ10を達成しました。 サロマを目指す方の参考に少しでもなれば幸いかと思...

今後、フルマラソンでPB更新を狙っていく事はもちろん、トレイルランにも挑戦していこうと思っています。

すでに今年の7月に大雪山ウルトラトレイル40km、8月に十勝岳55kmでトレランレースの経験を積みました。

夢はトレランで100マイラー!

このブログでは、そんな私の練習内容やレースレポ、そして私が以前そうだったように「マラソンの為の練習」や、マラソンに向かう為の「準備」「心構え」などを知らずに「タイムを伸ばし切れていない」というランナーの方々に、少しでもお役立ちとなるような情報を発信していけたら良いなーと思っています。

どうぞ皆さま、よろしくお願いします!!

2018年現在のPB

100km 2018年サロマ湖100kmウルトラマラソン 9時間56分15秒

フルマラソン  2017年つくばマラソン 2時間54分38秒

ハーフマラソン  2018年フードバレーとかちマラソン 1時間20分45秒

これまでの主なレース戦歴

フルマラソン

2013.5 洞爺湖マラソン 4時間03分43秒 初フル

2014.3 能登和倉万葉の里マラソン 3時間28分29秒 初サブ3.5

2014.10 大阪マラソン 3時間17分38秒 初サブ320

2015.5 洞爺湖マラソン  3時間12分26秒 初サブ315

2015.11 つくばマラソン 3時間07分43秒 初サブ310

2016.3 サンスポ古河はなももマラソン 3時間04分28秒 初サブ305

2016.11 つくばマラソン 2時間59分30秒 初サブ3

2017.11 つくばマラソン  2時間54分38秒 初サブ255(現在のフルPB)

ハーフ

2018.10 フードバレーとかちマラソン 1時間20分45秒(現在のハーフPB)

100km

2018.6 サロマ湖100kmウルトラマラソン 9時間56分14秒(現在の100kmPB)

当サイトへのお問い合わせは下記フォームからお願いいたします。
通常2日以内に返信させていただきます。

5+
スポンサーリンク



ブログをメールで購読

メールでブログ購読が出来ます♪

メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする