雨の日のマラソン大会の対策と服装

練習を積み、万全の準備を整えて迎える本番のマラソン大会が雨だとガックリ^^;

夏の雨ならまだしも、冬で気温一桁の雨やみぞれ混じりが予想されると

「棄権しようかしら」

と考えるランナーは私だけではないハズです(笑)

でも、折角何ヶ月も練習して頑張ってきた成果を発揮出来ずに棄権するのは勿体ない。

私は雨でも毎回やむなくレースに出ていますw

雨でも出来るだけストレスを少なく走るための服装や雨対策について考えてみます。

雨のレース中に必要な装備

ポンチョ

雨のレースを経験した事があるランナーにとってはお馴染みかもしれません。

雨が降ってない寒い日はもちろん、雨が降っている中、スタート地点で30分や1時間待機しなければならない場合の冷え防止、並びに走っている時の防寒としても役立ちます。

腕や脚は濡れても、胴体さえしっかり守れば、寒さを感じづらくなります。

ポンチョはamazonなどでアシックスのポンチョも販売されていますが…

45リットルの透明・半透明のゴミ袋を、頭と両腕を出せるように下の部分をハサミで切れば、ゼッケンも透けて見えるポンチョの出来上がり(*^^*)

走り始めてから雨が止んだり暑くなってきたという時も、ゴミ袋ポンチョなら躊躇なく給水所のゴミ箱に捨てられます。

もちろんアシックスの高級ポンチョを着用、暑くなったら脱いでポケットに入れ、また次のレースで使うのもアリです。

雨量が多い場合

ある程度の雨量ならゴミ袋ポンチョなどで充分対応可能ですが、雨量が多い場合は対応しきれません。あっという間に濡れて冷えてきてしまいます。

そのような場合は100円ショップのカッパや、さらにしっかりとしたカッパの着用を検討した方が良いです。

コンビニ各社から100円ショップのカッパより少し良いものが発売されていますが、雨量が多い場合に一番良い!と思ったのはセブンイレブンのカッパです。

    

 

背面に通気口があるおかげで蒸れを防止、そして前面の留め具がナイスなんです。

雨の侵入と、走っている時にフードがめくれて後ろにいってしまわないようにしてくれます。

フードの透明部分は顔に雨が当たる頻度を減らしてストレスを軽減してくれますし、ボタンのマチ(幅)が広い事も雨の侵入を防いでくれます。

裾にはボタンが付いていて絞れるので、こちらも雨の侵入を防いでくれます。

生地も100均のモノに比べて厚みがあってしっかりしていて、これだけで意外と暖かいです。

私は168cmでM-Lサイズを使ってます。

長袖+長さも膝下まであるので、雨が降ってなくても、寒い日にスタートラインで長時間待つ場合、心底冷える事なくスタートまで待てます。

でも554円+税します。気軽に捨てられません(笑)

長時間の冷たい雨が予想される場合

フルマラソンでもスタートからゴールまで5時間~6時間、寒くて強い雨に打たれ続けなければいけないと予想される場合、ウルトラマラソン向けの装備に近い準備が必要な場合があります。

私が悪天候の100kmウルトラマラソンに挑む際に「通常のウェア」以外で利用しているのは、ドライレイヤー+耐水圧・透湿性の高いジャケット。

ドライレイヤーはトレイルランナーがよく着用していますが、最近ではロードを走るランナーでも着用している方が多くなってきました。

普段着用するランニング用Tシャツの下に着るもので、速乾性・保温性に優れ、雨や風によって体温を奪われにくくしますし、急な気温の変化による汗冷えも防止します。

走ったり、コンビニで休憩したりして汗冷えしやすい「マラニック」での利用もオススメできます。

私はファイントラック スキンメッシュ ノースリーブ使っています。



ワセリン

フルマラソンを走る時には、晴天時でもお世話になってる方は多いでしょう。

脇や股などの擦れ防止ですね。

雨の時は擦れる部分のみならず、肌が露出している部分に塗る事で「撥水」と「保温」効果が期待出来ます。

胴体を冷やさないという意味で、お腹周りに塗っておくのも有効です。

キャップ

雨のレースでストレスになるのは、顔・目に雨が当たる事。気になる人は凄く気になると思います。

前述したような、カッパのフードに長めのツバが付いていれば、ある程度は防げます。

万全を期すなら、ツバが付いたランニングキャップを着用すれば良いでしょう。

グローブ

夏のレースなら必要無いですが、冬のレースで雨だと

「手先が冷えて冷えてどうしようもない…」

と感じてしまい、相当なストレスになる人もいると思います。私がそうです(笑)

通常のランニンググローブの下に、グローブ型のファイントラックのスキンメッシュを着用してみたり、グローブを2枚重ねてみたり、色々と試行錯誤してきました。

しかし、結局濡れてしまえば冷えはどんどん増すばかり。

結局「指先は一切濡れないようにする」という結論に至りました^^;

それがこれ

グローブの上に百均で60~70枚入って108円で売っているビニール手袋を装着、手首の部分を輪ゴムで止めるだけ。

単純な装備ですが、これで末端冷え性の私の指先は雨のフルマラソンはおろか、雨の100km走ってもかじかむ事なく、快適に走れるようになりました。

ただ、給水のコップや補給のジェルなどを掴む時に滑りやすいので、そこは要注意です。

雨のレース後にあると便利なもの

タオル・着替え・替えのシューズなど

冬の雨のレースでも、フルマラソンの終盤になると冷えもそこまで感じない位に温まってると思います。

しかし、ゴールしてしばらくすると、恐ろしく寒くなります^^;

それはもうガタガタ震えて、唇も青くなるほどです。

夏のレースでも、ゴール後は相当冷えてくる可能性があります。

ゴールしたらすぐ、何もかも着替えられるように準備を整えておきましょう。

タオル・下着・ズボン・Tシャツ・トレーナー・ジャケット(季節を1つ先取りするような暖かい上着が良いです)・ソックス・シューズ、全ての着替えが必要です。

脱いだランニングウェアやシューズなどを入れるビニール袋も忘れずに。

レース当日の予報が雨の場合でも、充分な対策をして練習の成果を発揮してください♪

3+
スポンサーリンク



ブログをメールで購読

メールでブログ購読が出来ます♪

メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする