熊本トライアルマラソン2022レースレポ上【実は鬼コースだった熊本TM】

北九州マラソンが中止になってしまい、衝動的に

「同日に、九州近辺でフルマラソンは開催してないのか!」

を調べたら出てきた、熊本トライアルマラソン。

「これだーー!!」

と思って、速攻でエントリー。

2022/1/21~23 練習日誌まとめ 積雪量が多く、押しボタン式の横断歩道のスイッチは掘り出さないと押せませんorz 北九州...

そして2月20日(日)、熊本まで行ってフルマラソン、走ってきました!

熊本トライアルマラソン2022のレースレポ、いきます!

熊本トライアルマラソン2022 挑戦のポイント

そもそも公認レースの北九州マラソンでPBを更新、あわよくば2時間45分を切ろうと思っていたので、熊本トライアルマラソンにレースが変更になりましたが、目標は同じでした。

それはレース前の記事で、松・竹・梅というレースプランで発表した通り。

2022/2/14~18 練習日誌まとめ ここしばらくの札幌は、まとまった降雪がありません。 その間に除雪のショベルカーやトラックが...

正直に言うと、エントリーした時に見たコースマップ

(↓コレ)を見て…

「競技場と、その敷地内の周回を2.5kmをぐるぐるするコースなんだー。おおむねフラットっぽいなー」

などと考えていました。

その後、前回大会などに参加した方のブログなどを見て、多少アップダウンがあるのは理解していたのですが、そこまで大したことはないだろうなーって軽く考えてました。

なので、あわよくば3’50/kmで進んで記録を目指す…というプラン。

それが大きな誤りであったと気付いたのは、前日に会場に行って試走をした時でした。(気付くのが遅い^^;)

レース前日の移動~試走

レースの前日、新千歳空港から福岡空港へ。

福岡空港からはレンタカーを借りて、一路熊本・えがお健康スタジアム(本番となるレースの会場)に向かいました。

途中トイレ休憩を取りつつ、2時間くらいで到着。

本降りの雨。この日は雨だと分かっていたので動揺することなく、傘をさして競技場以外の周回コースを2kmほど試走。

ここで感じたこと。

(うそっ!思っていたより、アップダウンがキツい( ノД`)

2.5km周回の序盤はうねるように登ったり下ったり。

周回後半は一気に下るような少し急な下り坂もあったりして、1周ごとにダメージを受けそうだ。

(こりゃレース終盤は、どう走っても完全に脚が棒になる”討ち死に”コースじゃねーか。orz)

暑さに強い・弱いというのは、暑熱順化で”多少は”鍛えられるものの、弱い人がすごく暑さに強くなるというのは無理だと分かっています。

先天的な要素が大きい。

それと同じように、フルマラソンでアップダウンが続くようなコースに耐えられる脚かどうかもトレーニングで”ある程度は”鍛えられるものの、こちらも割と先天的な要素が大きいように感じています。

スタミナタイプのランナーが1kmタイムトライアルをやると、同じくらいのフルマラソンのタイムを持つスピードタイプのランナーに、どーしても負けてしまうかのように。(遅筋が多い、速筋が多いみたいな)

最初から強い人や、それなりに強くて練習でとっても強くなった人は

「なんですぐにヤラれるんだよ。トレーニングでガンガン強くなるわ!弱ぇ~なぁ~」

って、全く分かってもらえない事がほとんどですが^^;

弱い人は、本当に弱い。

そして私は、完全に弱い側のひとw

なので、ある程度は坂や不整地で鍛えつつも、限られた練習時間は速いペースで巡行出来る力、そして終盤に落ちないための能力向上にトレーニング時間を割いています。

比較的フラットな公認レースを選べば、大きな問題は発生しないですからね。

しかし来てみたらヤバいコースだったというのは、小規模で歴史が浅く、情報の少ないレースならでは。

(やっちまったか…)

というのが、本音でした(´;ω;`)

とはいえ熊本まで来て

「やっぱやーめた!」

というわけにはいかないので(笑)、与えられた条件でどう走るかを一晩かけて考える事にしました。

急遽変更した、レースプラン

コースの一部(2km)を試走してみて、ガーミンの総上昇量が12m。

本番は1周が2.5kmなので、おそらく15mほどにはなると思われる。

そこを17周なので、少なくとも250m前後くらいの総上昇量になるはず。(結局ゴールしてからガーミンを確認したら、320mの総上昇量でした)

それに匹敵する道内のレースは

・千歳JAL国際マラソン

・洞爺湖マラソン

過去、洞爺湖マラソンでは、2018年に一生懸命頑張ってギリサブ3(2時間59分台)してる。

2018年5月の洞爺湖マラソン、獲得標高183mとアップダウンの多いコースでサブ3を達成しました。 フルマラソンで難コースを攻...

その時のベストは2時間54分(だから、だいたい5分落ち(平均ペースで8秒/km遅い)。

しかもこの時は35km以降ガタ落ちで、完全に脚がヤラれて撃沈状態になってました。

ということは、予定ペースからある程度は落とさないと、とんでもない撃沈やDNF(Do Not Finish、リアイア)の可能性すらある。

周回コースだけに、心が折れたらやめちゃう可能性がデカい^^;

あくまでも走ってみての、スタートしてからの感覚優先にはなるけど、

3’50/kmではなく、もう少し遅めの巡行ペースで終盤まで粘る

そんなイメージを軽く持ちながら走る事に、急遽変更しました。

登りは頑張らない、下りも飛ばさない。

ウェア・持ち物

ウェア

1,ハシルコトTシャツ

2,MOUNTAIN MARTIAL ARTS MMA×Ranor 7pocket Run Pants Air

3,オークリー RADARLOCK PATH

4,ザムスト(ZAMST) カーフスリーブ 

5,ザムスト(ZAMST) アームスリーブ

6,アディダスの手袋+モンベルの二本指手袋(二重)

7,ヴェイパーフライ・ネクストパーセント2

出典:Facebook C3fit マラソン大会に出ると、膝から下だけの"スパッツ"的なやつを装着しているランナーを見たことが...

持ち物

1,アミノバイタル パーフェクトエネルギー 130g×1個

(15kmで半分摂取、25kmでもう半分摂取。この日は寒く、給水は10km地点で1回飲んだだけでした)

熊本トライアルマラソン レース記【上】

スタート~5km

19分57秒(4’11-3’57-3’56-4’03-3’49)

(ガーミンの記録。公式ラップとは少しズレがあります)

スタート前、気温3℃。非常に風と雪が強まってきて、完全に吹雪。

レース会場にスマホを持っていかなかったので、吹雪写真が撮れなかったのが残念orz 

(撮影の写真は、全てゴール後の良い天気の時)

参加者の方々も

「マジかよ~~」

という雰囲気で充満していました^^;

そんな時

「げんさんっ!」

まさかここ熊本でお声かけ頂くとは…ツイッターで繋がっている、今回熊本で初サブ3を目指すブログ読者の方でした!

嬉しくてたくさんお話をし、だいぶ緊張もほぐれて良い感じに★

ただ寒かったのでギリギリまで屋内で待機していた影響で、少し後ろからスタートで7秒のロス。

そしてしばらくは混雑で前に進みづらかったので、1km目は4分11秒。やむなし。

その後、坂では頑張らないように注意しながら何となく巡行するとキロ4分を少し切るようなペースで走れたので、そのまま走ってみました。

それにしても路面が濡れているのは濡れているのですが、ここのコースのアスファルトが、もの凄く滑る!

こんなに滑るアスファルトは、初めてだ^^;

可能な限り、乾き始めている場所を走る。

5km~10km

19分42秒(4’03-3’56-3’57-3’59-3’48)

ラップが安定しないのは、アップダウンがあるのでしょうがないところ。

スタートして雪はやみましたが、向かい風の強い場所はとんでもなく強い!

全然進まない感覚orz

とはいえ、風に向かって頑張り過ぎるのも消耗するから良くない。

そして、なるべくコースの起伏でも負荷が”変化走”のようにならないよう、登りで極力ペースを維持する事は考えず、楽に進む事を心がけました。

ただ、どうしても向かい風や登りで脚の筋力は使うので

(どこまで脚が、頑張ってくれるか…)

と思いながら風を受け、坂をクリアし続ける。

あと周回コースで外側を走ると距離が多くなってしまうので、可能な限り内側を走るように意識をしてコース取りをしていきました。

10km~15km

20分05秒(4’02-4’00-4’00-4’05-3’57)

10kmくらいまでは周りにランナーがボチボチ数名ほどはいたのですが、徐々に少なくなってきて単独で走らざるを得ない感じに。

そうなると落としているつもりはないのに、自然にペースが落ちていってしまいました。

実は今回、ガーミンの1kmラップはアップダウンでスピードが変わってペース感覚を掴みにくいので、2.5kmの周回をラップ時計で手動計測していました。

2.5kmを

9分40秒→3’52/km

9分50秒→3’56/km

10分00秒→4’00/km

というように、目安のペースを覚えて。

そのラップが下がり始めた。

9分43秒→9分51秒→10分03秒→10分09秒→10分07秒

といった感じで、グッとラップが悪くなった。

これは自分でも

「え!?なぜ!」

と、少し驚きました。

別に疲れてないのに。落としたつもりもないのに。

どうしよう。マズい。

ここまでは、サブエガが目指せるペースできてる。

ペースを戻して2時間50分を切る事を目指すか、それとも今の感覚で行くか…

大きな判断を迫られました。

熊本トライアルマラソン レースレポ【下】へ続く。

フルマラソンのための、個別練習メニュー(トレーニングプラン)作成します!

★ご案内★(2022年7月28日)
ありがたい事に大変多く…

ブログをメールで購読

メールでブログ購読が出来ます♪

メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. カズ より:

    初コメ失礼します。
    いつもYouTube・ブログで勉強させていただています。
    今回、はるばる来熊とレース参加、お疲れ様でした。
    運動公園2㎞コースは本当にハードです
    レース動画を一部アップしましたので、よろしければ良い思い出としてご覧ください。
    感謝(^^)/

    • げん より:

      カズさん、はじめまして!コメントありがとうございます!!
      あの日、熊本トライアルマラソンの現地にいらっしゃったのですね!

      …動画、私がバッチリ映り込んでいるじゃないですか(笑)
      良き思い出となりました!ありがとうございます(^^)