びわ湖マラソン後の【簡易的】ランニング記録

びわ湖マラソン後の【簡易的】ランニング記録

亀国際ハーフマラソン、そしてびわ湖マラソンを走ってから4月18日くらいのことまでは、前回のブログでご報告しました^^;

丸亀国際ハーフを走ってからのこと&ハシルコト公式Online Shop開設のお知らせ 丸亀国際ハーフを走ってからのこと 皆さま、お久...

先日の日曜日(6月30日)はサロマ湖100kmウルトラマラソンにも出場しましたが、4月中旬以降のレース結果などについて、簡単なご報告です♪

第50回記念 ANA洞爺湖マラソン2024

びわ湖が終わって少しお休みをし、4月は洞爺湖マラソンに向けて早速月間500km~600kmを目指して走り出し…月の途中で力尽きた(笑)

やっぱりガチのフルマラソンを1レース走ると、そう簡単には疲労とダメージが抜けない虚弱体質^^;

5月に入ってからは走ることを少し抑えて、休養に努めていました。

そんな中での洞爺湖マラソン。

案の定…速く長くは走れなかったー。

キロ4を少しオーバーするくらいの、スピード的にはかなり余裕がある感じで入ったものの…15kmで厳しくなってきて、20kmで完全にアウト。

2ヶ月前に”びわ湖”2時間45分台出したとは思えないくらい、全然走れない。悲しみ(TдT)

30kmで一度救護所に寄って、OS-1飲みながら椅子に座って5分くらい休憩。

バスで帰りたくてチップを外して渡しましたが、バスの出発は2時間後とのこと(笑)

さすがに2時間は待てないので、ジョグでゴールまで帰ることに。

一度外したチップを再びもらおうとしましたが、先にリタイアしたランナーのチップと一緒になって混ぜられてしまっていたー。

チップにはゼッケンナンバーの記載もないので、適当に1つ選んでダウンジョグへ。

自分のチップではないので、私の記録は30kmで止まっていてDNFですσ^_^;

30km以降は5分30秒/kmくらいでダラダラ走っていましたが、しばらくすると3時間7分を目指す知り合い女子とその女子を引っ張る知り合い女子ランナーの2人が私を抜かしていった。

そして10mほど離れて、またまた知り合い女子が私を抜かしていった。先行の2人から少し遅れている感じだったので、すぐにペースを4’40/kmほどに上げて引っ張ることに。

何とか前の2人に、追いつかせてあげたい。

そんな感じで40km近くまで引っ張り、先行する2人にも追いつき追い越せが出来て、引っ張った方は3時間9分台でゴール。

私は40kmから”ダウンのダウン”でごくゆっくり走り、3時間12〜13分でゴール。

アップダウンのキツいコースで…脚も無くなってレース中から筋肉痛で痛かったー(T . T)

前述の通り4月の練習で疲弊してしまい、すでにオフシーズンに入ったような感じでのフルマラソン。

それでも昨年2時間51分で走れているので、どこかで
(それくらいではいけるでしょ)
と思っていたフシがある。

そんな簡単なものではなかったー。

フルマラソンのレースは厳しい練習をガッチリ重ね、しっかり準備しないと楽しくないし、気持ち良く走れない。

つまり、面白くない(^^;;

ただすでに
(次はこうしてやる、ああしてやる)
と、熱く燃えたぎっております(早すぎか笑)

レースで長い時間キツくて辛く、悔しい思いをするよりも、日々の練習で(ある程度の)キツい思いを積み上げていく方が、レースを快走出来るなら…よっほどマシだ。

Fビレッジハーフマラソン2024

Fビレッジの10kmに、疲労抜きなどはせず練習レースとして参加♪

会場に到着すると、とんでもない強風…いや、爆風。
これで雨など降っていたら、確実にDNSだなw

着替えてアップして、スタートラインに。
ほどなくしてスタート。

走り始めると少し登ったあと、しばらく下りに。
1kmのガーミンのアラームに気付かず。

あとから見たら3’30/km。

ここで少しスピードに乗りすぎちゃったかな(^^;;

とにかくフラットな場所が一切ない、登るか下るかの、ジェットコースターのようなコース。うむ。辛くて5kmでやめたくなった(TдT)

でもここでやめると、初めて10kmレースを走った時に5kmで歩いてしまった時から成長がないということになっちゃう(笑)

少し出力を落としながら、距離が過ぎるのを待つ。
10km、意外になげーよなー

ラストの1kmはずっと登りで、感覚的には”徒歩”^^;

でもハシルコトを背負っているので“アルクコト”になるわけにはww

そしてようやくゴール。

Fビレッジ10km
37分34秒(3’45/km)

VDOT的にはCV3’30/km、35分そこそこで走れてもおかしくないけど、アップダウンと暴風のダブルパンチコース。

少し余裕を持ってハーフのPBペース(3’37/km)くらいで走って36分台くらいでいけたらなーと思っていましたが…ハーフのペースにもほど遠く、丸亀ハーフでの10km通過(36分07秒)よりずっと遅い10kmレースの結果になりました。

★★★

コロナ前、45歳くらいまでは、たいして疲労抜きをしなくても5km〜ハーフくらいまでは、ある程度は走れていました。(フルは別だけど)

コロナが明けて、今はもう49歳。

ほんっと最近、フルマラソン後の疲労とダメージはもとより、ポイント練習の疲労や坂や山のダメージ、筋トレの筋疲労が凄く長引く。

加齢を考えずにいつまでも同じ感覚で練習してると、やっぱり問題が発生するのねー。

自分の練習メニュー、少し再検討しようって思った、今回のレースでした。

おたる運河ロードレース

毎年参加している、おたる運河ロードレースに今年も参加★

これまで35歳〜49歳のカテゴリーで
2816年 18分42秒 年代5位
2017年 18分15秒 年代2位
2018年 17分56秒 年代3位
2022年 17分08秒 年代4位
2023年 17分23秒 年代5位

去年は少し撃沈してしまったものの(コロナで数年間非開催だったけど)、タイム(走力)は概ね上がってきている感じ。

年々若い人がカテゴリーに入ってくる&大会自体のレベルが上がっているので、順位は右肩下がりですが(笑)

ただ今年は同日に千歳でメタタイムトライアル 2024があるし、強豪は分散するはず…と思って、年代別最年長の49歳だけど、優勝目指して挑んできました♪

動的ストレッチやドリル、アップなどを入念に実施してスタートラインに。

今年の目標は、しっかり4km目までイーブンで走りつつ、最後の競り合いで負けない余力をわずかに残して”戦える”準備をして終盤に入ること。

スタート。

1km 3’29/km
序盤はとにかく無理や無茶をしないよう、少し後方からスタート。わずかに余裕を持って入りました。

少〜しだけ余裕はもちつつ、両脚に地面からの反発をしっかり捉えて力強く巡航するイメージで。

感覚では3’35/kmくらいかなと思ってましたが、それよりも少し速いラップ(3’29/km)だったので、調子の良さを感じました。

2km 3’33/km
この辺りからずっと後ろに付いてこられていると分かる呼吸を感じており、少し下がって後ろのランナーに前に出てもらって引っ張ってもらおうか迷いましたが…集中力が切れるのを嫌ってそのまま前で巡航。

まだ多少余裕もあったので、ラップを落とさないようにだけ気をつけて。

3km 3’32/km
後ろに付いていたランナーが、前に出てくれた!
ゼッケンを見ると、どうやら私と同じカテゴリーだ。

これは負けられない。

でも少し速かったので、頑張ってのベタ付きはしないことに。
レースの勝負は、4km過ぎてから。

少し間を空けて追走。チャンスは必ず来るはず。

4km 3’34/km
そのランナーを頑張って追走していたけど、少しずつ離れていきます。

ただ他のランナーは落ちてきて1人、また1人と抜いていく。
ぬかされたランナーは、かなり実力のある方に違いない。

手強そうだ。

相当苦しくなってきたけど、4km目も大きく落ち込まないラップ(3’34km)を見て
(小樽はガーミン上では少し距離が短い。毎年4.9km位だから、4km地点で、ゴールまでもうあと900m!)
と気合を入れ直す。

ゴールへ 3’20/km
4km過ぎで前との差が20mくらいはあったので、わずかずつ出力を上げる。

ちょっとずつだけど、前との差が詰まってくるのが分かる。

残り500m位の距離で少しスパート。抜かされたランナーと、もう1人のランナーとの差が一気に詰まる。

残り400m。
先行するランナーを抜かすと並走されたり、さらに頑張られて抜き返される怖さはあったけど…勇気を出して一気に前へ。

やっぱり2人は付いてきた!だよなー!くっそ〜!キツ〜(TдT)

ひとかたまりになった3人とも、限界に近い荒れた呼吸。

ゴール前までもつれると、年代別最年長の私は若いランナーにはスプリントで負けると思い、最高にキツかったけど橋を登る登り坂で勝負時だと感じてスパート。

ライバル2人のうち、1人(あとから知ったけど、50歳台優勝の方)はそこで離せた模様。

しかしもう1人、途中で抜かされた強敵は付いてきている。

ラスト200m。
最後にもう1つ登り坂があると分かっていたので、もう今にも止まりそうなくらい限界だったけど、もう1度登りで思いっきりペースを上げてスパート。

苦しすぎて、声を出しまくってた(笑)
声を出すと、やっぱり粘れるからね。

登り切ってゴールまで100m。
後ろを振り返ると、少し離せた!

そのままラストのスプリントを精一杯頑張って、ゴール!
後ろのランナーとは1秒差、ほんと僅差でした。

おたる運河ロードレース 5km 16分56秒(3’29/km)

ようやく小樽で17分を切れたーー!!コースPB!!
これは本当に嬉しかった!!

でも年代別順位は、ワーストタイの5位(笑)
しかも豪雨で、表彰式もなしww

でも満足の、納得のレースだったので良かった!
まだまだ工夫次第、努力次第で5000もタイムが伸びる!

来年からは年代別50歳以上の部になるので…このタイムなら、当然優勝争い出来るレベル。

来年は16分50秒切りを目指して、また来年の小樽に向けてがんばろー!

(この記事を見て来年、私に優勝をさせないために50歳以上の猛者が集まりませんように笑)

サロマ湖100kmウルトラマラソン

サロマ100km向けの距離走ゼロ、テーパリングもほとんどしない状態で挑みましたが…

まさかの…

サブ10のPBでゴール出来ました!!やったーーー!!

たいして練習していないため、作戦は50kmまで4時間半くらいのサブ9ペースで進んで、残りの50kmを5時間半かけてサブ10のPBが出せれば…みたいなザックリした感じで^^;

朝は全国から来たハシルコトメンバーと、バッチリ写真とエールを交わしました♪

写真撮影は出来なかった方も含めて、ハシルコトメンバーは10名ほどの出走。

そしてスタート。

シューズはフルマラソンと同じ、ウェーブリベリオンプロ2

これが…大ハズレ(笑)

50km地点は予定通り4時間30分以内に通過したものの…

(AM5時スタートで、電光掲示板はAM9時25分00秒を表示。つまり4時間25分で通過)

ウェーブリベリオンプロ2の硬いソールに腰が限界を迎え、55kmの大エイドで30分以上の休憩を取るという暴挙w

幸い”サブシューズ”としてアシックスのスーパーブラストを大エイドに送ってあったので、履き替えて出発。

これが大当たり!(最初からそれでいけよ、馬鹿野郎!笑)

順調に距離を進めていくことが出来て89km地点。

(よ~し、90km地点からはスパートだぜ~)

なんて考えていたら…エイドで両足と股関節が攣って、悶絶。

そこからは再度攣らないように、スパートどころか、そろそろ走りに^^;

そして97km地点。

スーパーブラストでだましだまし走っていた腰が、ついに、再び大爆発。

四つん這いになって走れなくなったものの、ここまできたらサブ10したい!

何とか数十メートル走っては痛みに耐えられなくなり四つん這い、走っては四つん這いを繰り返す。

私を追い越していくランナーもさすがに97km地点過ぎで必死なので、ひたすら四つん這いとランを繰り返している非常に怪しい動きのランナーなのに声がけも心配もされず(笑)

ただ人類はさすが、様々な困難に打ち勝ってきているだけある。

遂には腰に響かない走りを体得していって四つん這いにならなくなり、サブ10を確信!(どういうw)

9時間50分も切ることが出来て、大満足でした!

サロマ湖100kmウルトラマラソン

9時間49分56秒 

全国からウルトラの聖地・サロマに集ったメンバー10名は…

最高気温が30℃に迫る過酷な環境で完走率は58%台の中、

10名全員、見事完走!

7時間30分台の超絶タイムを叩き出すメンバーから、初サロマで10時間台完走、前回大会でリタイアしてリベンジとして挑戦して見事リベンジ達成、女子65歳以上のカテゴリーで年代2位に入ったメンバーなど、みんな大活躍のサロマでした(*^^*)

2024年上半期の総括と、秋・冬の本命フルマラソンについて

そんなこんなで、一応は元気にやっております!

2024年も1月~6月の上半期が終わり、運良くハーフPBが出せたり

第76回 香川丸亀国際ハーフマラソン レースレポ【適度な突っ込みは記録狙いに必須】 日本で一番タイムが出やすいとも言われる、丸亀国際ハ...

フルマラソンでも”びわ湖”で納得出来るタイムを出せて、小樽ではコースPB、サロマ湖100kmウルトラマラソンでもPBで走りきれました★

下半期・秋のメインレースは…

防府読売マラソンにエントリーしました!!

ハシルコトTシャツ購入の御礼として実施している”ガーミンコネクトで私と繋がれる特典”で繋がってくださった方には、上記のように告知していましたが…防府読売マラソンに集まれる方は集まって、みんなでPB更新しよう!というイベントをすることになってます★

去年や一昨年は抽選というテイは取りながらも、エントリーした人は全員出走出来ました。

今年もエントリーしたみんな、全員出走出来ますように(-人-)

そして来年の3月は…まさかの東京マラソンに当選^^;

40代最後のレース、まさか東京マラソンに再び出場出来るとは!

現在のフルマラソンPBは2023年の東京マラソン(2時間45分51秒)で、今年走ったびわ湖はそこから2秒だけ遅れて2時間45分53秒^^;

この辺りのタイムの壁を破るべく、まずは防府で、そして東京で生涯ベストを出すつもりで頑張っていきますーー!!

【ハシルコトTシャツなど↓で販売中です!購入特典はガーミンコネクトで私と繋がる事が出来て、日々の日記が見れるようになります★】

ちなみに↓の5,000円以上のサポートでもらえるハシルコト非売品グッズは…

 

個人の名前が入った、ハシルコト初代・古(いにしえ)のデザインが施されたTシャツです★

フルマラソンのための、個別練習メニュー(トレーニングプラン)作成します!

★ご案内★(2022年10月16日更新)
ありがたい事に大…

ブログをメールで購読

メールでブログ購読が出来ます♪

メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする