IZU TRAIL Journey 2019 レースレポ下【悪夢のチップ無反応】

伊豆トレイルジャーニー(ITJ)2019 レースレポ【下】です。

【上】はこちら♪

レース後、とある理由から2日ほど非常に体調が悪くなり、レポが書けないでいました。 ある理由については、レースレポ【下】で大公開...

IZU TRAIL Journey 2019 レースレポ下

30km~40km

1時間41分49秒(8’42-9’11-6’22-8’11-5’45-7’59-9’09-9’53-11’50-24’45)

腹が減っている。

オニギリとジェルを食べたけど、それがエネルギーに変わるまで時間がかかる。

あと、単純に食べる量が足りない^^;

エネルギーが足りないからか、寒さも一層感じる。

半分グロッキーな状態のため、わずかな登りでも迷わず歩きながら少しずつ進む。

この区間はだいぶ時間をロスしたなぁ。やむなし。

40km過ぎのエイドまで行ければ、そこで少しゆっくりしてリセットすれば、また何とかなるはずた。

と思ったら、手元のガーミンで40kmちょい手前のタイミングで待望のエイド出現!!

「キタ━━━(゚∀゚)━━━!!長かった~~~(ノ∀`)」

速攻で暖かいうどんを貰いに行く。

持参の最後のオニギリ1個を、迷わずここで投入。うどんと共に食べる。

はぅっ!…最高すぎる(*´∇`*)

あっという間にうどんが無くなったので、迷わず2杯目を頂きにGO。(おかわり可)

2杯目も極楽過ぎる♪

その後、アンパンやクリームパンなどを貪る。

そしてホットコーヒーまで用意されている事に気付き、すぐに貰う。

天国かよ!!

パンとホットコーヒーでくつろぎ、完全にレース終了の趣(おもむき)ww

いや~、生き返った!!

結局20分近くエイドでガッツリ休んだ(笑)

気力もお腹も充実し、勇んでリスタート!!



40km~50km

1時間40分10秒(10’01-12’12-12’33-8’52-9’12-8’26-10’36-6’33-12’05-9’36)

エイドで長時間休憩すると脚が固まって動きづらくなる。

こういう時には無理せず歩くのが一番。

登りが続いていたのもあって、ほぼ歩き通しで数km進む。

だいぶ伊豆トレイルらしい風景になってきたね!

ふとスマホが鳴っている事に気付いた。

ザックを下ろしてスマホを確認すると、何度も同じ番号から着信がある。

(ありゃ、タイミング悪くレース中に^^; 道内の”ラン以外”のお友達か、お仕事関係かな…)

レース中に電話を返して長話になってもいけないので

(何度も電話をくれて悪いけど、ゴール後すぐ電話するから許してね)

と思いながらスマホを仕舞い、改めてザックを背負う。

後から分かるのだけど、この電話は道内のお友達でも、お仕事関係でもなかった。

もっと重要な電話だった^^;

それはゴール直後に私がした折り返しの電話で、ようやく分かったのでした…



50km~60km

1時間33分43秒(15’50-9’07-8’35-13’08-10’52-8’00-6’41-7’14-5’41-8’35)

前半はロードのアップダウンばかりで「ここは野辺山かっ!」と思ったけど、後半はシングルトラックのフカフカトレイルが多かった。

そういう場所を隊列組んで、時折先頭を代わりながらスピード感を持って進んでいくのが凄く集中出来るし楽しい!

大雪山トレイルジャーニーの70kmは、そういう場所が少なかった。

(伊豆が人気なのは、こういう走れる楽しいトレイルが多いというのもあるんだろうな)

と感じました。

そして”走れるトレイル”を普通に走れるようになったのは、満腹になったから。

やはり食べると全然違う。

次のロングトレイルでは

オニギリ+水筒に”うどんの汁”でも持参するか(笑)

(ゼリーではパワーが出ない派w)



60km~ゴール

40分37秒(7’24-5’26-5’14-5’12-5’17-4’39-4’28-4’13)

60km地点。ここまで来たら、もう脚を温存させる必要はない。

エイドで食べた”うどん”+”おにぎり”のパワーを出し切って良い。

緩やかに下っている場所がメインだったという事もあって、気持ち良く駆け抜けたラスト8km。抜く一方で、誰にも抜かれない。

ゴールでは鏑木さんが迎えてくれて、ハイタッチ!!

とても幸せな気分で、達成感に浸りました(*´∇`*)

問題のゴール後(笑)

ゴール後は、すぐにスタッフがザックにあるチップを外してくれました。

そのまま完走証を頂きに向かう。

女性スタッフ「お疲れさまでした~♪」

げん「ありがとうございま~~す(*^^*)」

と言いながら記録証が発行されるのを待ってると

女性スタッフ「え…あれっ?少々お待ちください」

げん(む…何だろう)

すぐに男性スタッフが近づいてきて

男性「あ~、ゼッケンをザックに縦に付けてますね。チップ反応してないです」

げん「えっ、ザックに縦に付けてるランナーたくさんいますが…」

男性「いや~、そもそもチップの付いてるゼッケンが前ですから」

げん「私、ゼッケンの装着が前後逆だったんですか…」

男性「記録証は出ませんね」

!!!(ノ∀`)

げん「…そうですか…じゃあ諦めますorz」

言葉だけだと分かりづらいですが、ちょっと冷たさを感じる塩対応でした^^;

しばらく呆然としていましたが、気を取り直して

「あ!レース中にあった電話に返信しなきゃ!」

と思い出して、すぐに返信。誰だったんだろう。

プルルッ…プルルッ

「はい。伊豆トレイル大会本部」

(は!?大会本部!!??)

げん「す、すみません!レース中にお電話を頂いていたようで…」

本部「あ!大丈夫ですか!無事にゴールされましたか!スタートだけチップが反応していたようですが、その後A1から行方不明になっていたようなので心配してました」

そうです。

スタート地点ではチップはしっかり反応してスタートした事になっていたのですが、10km過ぎのA1地点からチップの反応が無くなったため

「このランナーはどこいった!崖から落ちたか、山で倒れてるか!」(という感じだったんじゃないかと、私の勝手な妄想w)

というような心配をかけてしまったようで…

途中で返信すれば良かったですね。丁重にお詫びをして電話を切りました。

レース後は完走した証拠は何も無く、汗を拭いて着替え、急いで修善寺行きのバスに乗って後泊の横浜の実家にモヤモヤしながら向かいました^^;



伊豆トレイルでの教訓

1.チップ付きのゼッケンの場合、前後が合ってるかどうかは要注意

ロードであれば胸でも背中も地面(計測マット)からの高さは大きく変わらないので、前後逆でも問題が発生しないのかもしれません。私はこれまでもロードで前後逆に装着した事が何度もありますが、問題は無かった。

でもトレイルでザックにゼッケンを装着する場合は、計測マットから高さが出てしまって反応しない可能性があるのかもしれません。

男性スタッフに言われた通り、縦に装着したのも悪影響を及ぼしたかもしれないですね。

2.大会本部の連絡先をスマホに登録しておくこと

ロングトレイルのレースはスマホが必携である事も多いですよね。

何かあった場合にこちらから大会本部に連絡するためとしか考えていませんでしたが、何かしらのトラブルがあった時に”向こう”から連絡があるかもしれない。

トレイルのレースでは、よくゼッケンの裏や端に大会本部の連絡先が記載されています。

今回スマホに大会本部の連絡先を登録していれば、着信があった時にすぐ気付けました。

今後の教訓として覚えておこうと思います。

3.キツいレースを走った後の食事

レース後は横浜の実家で美味しい食事を食べさてもらって大満足。

胃の調子も全く問題がなく、食べまくりました(笑)

そして翌日、月曜日の午前中に羽田空港に向かいました。

ロングのレース後は、とにかくお腹が減る。

レース中に

「ラーメン食べたい…」

と思っていた事もあって、羽田空港に到着してからすぐに空港内のラーメン店へ。

ここは”つけ麺”が有名なお店で、何度か食べた事がありました。

奮発してチャーシューつけ麺を頼んで、完食。

帰りの機内の中でもコーヒーやオヤツを楽しみました。

自宅に帰ってから異変。

尋常じゃない胃痛発症。のたうち回る。

翌日の火曜日も、一日中継続。ヤバイくらい痛い。

絶食で何も食べられず。

ようやく水曜日の午前中に痛みが少なくなってきて、午後には回復。

原因は、おそらく弱った胃腸にラーメンの油か…細菌的な毒入りだったか?(笑)

いずれにしても厳しいレースをクリアした後に食べる物は、身体に優しい物が良いですね^^;

4.どんなトラブルがあっても諦めない。キレないこと(笑)

伊豆トレイルではチップの問題があって、記録証を頂けませんでした。

でも大人なので

「は?ふざけんなよ!チップの故障じゃねーのかよ!」

だの

「ゼッケン前後逆くらいで反応しないチップを使うんじゃねぇ!」

だの

「大会側の責任だ!オレの苦労はどうしてくれるんだ!」

などとキレる事は、当然ありませんでした。

(心の中で薄っすら思っただけ笑)

日本人的かもしれないですが

「ゼッケン逆に装着した自分が悪い」

と思う事にしたわけです。

それが良かったのか、何も影響無かったのか(笑)分かりませんが、結果的に大会の人が後日わざわざ私の画像確認などをして頂いて

完走扱い!

となりました(*´∇`*)ワーイ

タイムは9時間23分25秒

順位まで付けてもらって、243位/1177人でした!

本当にありがたいかぎりです♪

レース直後

「もう伊豆なんて、ゼッテー来ねぇ」

とか思って、ゴメンナサイ(笑)

レース後半に感じた通り、伊豆は素晴らしいトレイルのコースでした。

またチャンスがあれば、今度は正規のコースを走ってみたい!

色々なトラブルも含めて(笑)、思い出深いレースになったー(*´∇`*)

応援して頂いた皆さま、ありがとうございました!

無事に”完走”という事になりました事を、嬉しさ一杯でご報告します♪

19+
スポンサーリンク
スポンサーリンク



ブログをメールで購読

メールでブログ購読が出来ます♪

メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アバター ko_na より:

    記録証、発行されて良かったですね!
    無事完走おめでとうございます。
    レースレポを拝見させていただき、イズトレにエントリーしたくなりました。

    1+
    • アバター げん より:

      ko_naさん、コメントありがとうございます!無事に完走扱いとなり、伊豆に禍根を残さずに済みました(笑)

      伊豆トレイル、スタートセレモニーやコース・景色は本当に最高でした。エイドの充実ぶりも、北海道内のトレイル大会よりレベルが高かったです。
      走れるトレイルコースの楽しさは格別で、さすが鏑木さんがコースプロデュースするレースだな~、と感じました(*^^*)

      電車の通ってない場所がスタートなので、スタートラインに並ぶまでが少し遠い&寒くて大変ですが^^;
      申し込みが多く抽選になる大会なので、次はいつ出れるか分かりません。
      でももう一度、今度は正規のコースを走ってみたいです♪

      ko_naさんも、チャンスがあれば是非チャレンジしてみてください。
      今思い出してもワクワクするようなレースです♪

      0
      • アバター ko_na より:

        抽選になるほど人気の大会なんですね!
        早速ホームページ見てみたら、今の自分では完走が難しそうな制限時間でしたw(゜o゜)w
        完走できるレベルになれるよう精進したいと思います!

        1+
        • アバター げん より:

          ko_naさん、そうなんですよ。抽選になるほどの人気大会なんです!

          レースに出場するには、一定の条件を満たした30km以上のトレイルレースを経験している必要もありますので、意外とレベルは高いかもしれません^^;
          まずは閾値走やロング走でロードの走力を上げて、それから高いレベルのトレイルを目指していくのも遅くないかもしれません♪

          0
  2. アバター 狼煙 より:

    おめでとうございます。
    記録の件よかったですね^_^。自身の気持ちの部分では完走した事には変わりなし!ですけど、トレイルってポイントとかありますもんね。
    私も(まぁ自分が悪かったんだし)で、気持ちを抑えちゃうタイプです笑。親切な運営さんですね〜。
    話は変わりますが、ゲンさん、一つ質問です。
    サロマのエントリーの件なんですが、ネットで調べると、エントリーの常連組は複数の端末で待機するようですね。
    いわゆる先着順エントリーは、つくばマラソンが初めてでした。
    その時は自分の携帯のみでエントリーしましたが、流石にサロマは万全の態勢で臨みたいと思っています。
    そこで一つ疑問が。
    もちろんランネットのIDは一つ持っていますが、一つのIDで複数の端末で同時にエントリー画面で待機する事は可能なんですか?
    それとも、端末別に違うIDが必要なんでしょうか?。
    サロマは夫婦の旅行も兼ねていて、今シーズン最後の一大イベントなもので、、。
    航空券やら、宿やら、レンタカーやら、節約しようとすると早くから動かないといけなくて色々大変です^_^;。
    何かアドバイス頂けるとありがたいです!。

    1+
    • アバター げん より:

      狼煙さん、いつもコメントありがとうございます!
      トレイルはポイントがありますよね。実はその部分でもショックだったので(笑)、良かったです♪

      さてサロマのエントリーの件です。もう来月はサロマのエントリーなんですね。早い^^;

      確かにクリック合戦では、PCやスマホ・タブレットなど複数の端末でエントリーするのが基本!みたいな流れになってますよね。
      基本はみんなもそうだと思いますが、私も1つのID&複数端末でやってますよ。

      その時その時によってPCが早く繋がったり、スマホが早く繋がったりしますので、早く繋がった方で手続きしてます。

      ただサロマのクリック合戦は、本州の人気大会よりは緩い印象があります。
      エントリー開始と同時にPC&スマホ・タブレットなどの複数端末で挑戦すれば、
      「ダメだった…」
      というのは少ないように思います。

      現に私は5年連続エントリー出来てますしね。
      私はエントリー開始時間までにエントリーの手前まで画面を進めておいて正座して待ち(笑)、開始と同時にすぐアクセスしています。
      この手順については、ググって調べておられるので分かってると思います。

      エントリー開始時間から数分遅れて始めると、さすがにサロマでもランネットにアクセス出来る前の”30秒待ちカウンター画面”のままアウトになる可能性もあるので要注意ですが^^;

      お互いエントリー出来るように、気合いを入れて頑張りましょう(*^^*)

      1+
  3. アバター タモリ より:

    終わりよければ、全て良し!
    お疲れさまでした!そして、記録も出て本当に良かったですね!!
    結末がわかっていたつもりで、読み進めていくと嬉しいサプライズww

    クレームをつけての結果ではないところが、また嬉しい!!!

    1+
    • アバター げん より:

      タモリさん、コメントありがとうございます♪

      そうですね!終わりよければ、です!でも、今後ミスには気を付けます^^;

      クレームつけると、お互い気分悪いですからね。
      大体ゼッケン前後逆に付けた自分のせいという事もありww

      結構シューズに付けるタイプのチップが外れて記録無しとか聞きますので、タモさんもお気をつけください!

      1+
  4. アバター sakura より:

    道中お世話になりました。楽しい旅になりました(^^♪
    それにしてもナイスタイム!まるっきり春までとは別人のようですね(笑)
    野辺山のことが忘れられずただただ嬉しいです。
    しかも最後においしい出来事 最高の旅でしたね。

    またご一緒できるのを楽しみにしてます(^^)

    1+
    • アバター げん より:

      わー!sakuraさん!コメントありがとうございます♪

      伊豆ではご一緒…いや、今年で言えば富士五湖118kmも野辺山100kmも、そしてつくばでは切磋琢磨出来て楽しい1年でした(*^^*)
      最後においしい出来事って(笑) 涙、涙ですよww
      最終的には完走扱いになって良かったです。

      sakuraさんは来年から私とはレベルの違う舞台で活躍されるので、もうご一緒する事はないでしょう(笑)
      でも、来年のつくばだけは切磋琢磨したい!いや、フードバレーでも秒差に凌ぎを削るかも?
      やっぱり来年も宜しくお願いします(笑)

      1+