濃昼山道でトレイル!

今日はチームの仲間にアテンドしてもらって、石狩市にある”濃昼(ゴキビル)山道”でトレイルランをしてきました!

“濃昼”…北海道はアイヌ語に語源を持つ、当て字のような読みにくい地名が多いのですが…初めて読み方を聞いた時は、黒い悪魔”ゴキ○リ”にしか聞こえなかったw

濃昼もアイヌ語「ゴキンビリ(岩と岩の間つまり山の陰)」が語源のようで「滝つぼにしぶきが舞う」という意味との事。

集合は滝の沢側山道に入る駐車場に朝6時!いつも思うが、トレイルをやる人の集合時間は早い。今日は6時集合だが、5時集合とかもざらにある。

ロードの仲間とロング走などの練習会をするのに「5時集合で」とか言ったら

「は??」

っとなる事、請け合いだ。

札幌の自宅を4時40分位に出発。

ナビはオロロンライン(国道231号)沿いの「道の駅 石狩”あいろーど厚田”」に設定。

札幌方面から行くと、あいろーど厚田から4kmほど進んだ”滝の沢トンネル”に入る少し手前の所で、滝の沢側山道への入り口にある駐車場に着きます。「安瀬橋」が目印。少しわかりにくいので、看板を見逃さないように注意です。

5時50分頃に駐車場到着。

仲間達も続々集まり、6時に滝の沢側山道入り口からトレイルスタート!

今回はスタートから7.5kmほどで山頂、3.5km下って濃昼側山道入り口まで行ったら折り返し。計22km位のトレイルラン。

濃昼山道、全体的に走れるトレイルで中々良い感じ!あまり人が来ないのか、若干獣道のようになっている所もあるけど楽しい!!ただ、場所によっては道が狭ーい。少し「フラッ」ときたら、下に落ちてしまいそうだ。

    

迷ってしまうような分かれ道はあまりありませんでしたが、”浜益線”という看板の立つ場所は分岐を右、その後に現れる分岐も右に行けば正しいルート。左に行っても10m位で行き止まりなので、迷わないと思いますが(笑)

 

無事に皆で山頂の展望台に到着。曇りで残念ながら遠くの景色は見渡せませんでしたが、海が雲海のようで気持ちの良い風景でした…表現おかしいな(笑)

そして”濃昼側山道入り口”に向けて3kmちょっとの下りへ。こちらは少し急な坂でした。

途中8.5km位の地点で、もしかしたら迷うような分かれ道が。左が正しいルートです。

 

下りきって濃昼側山道入り口に到着。この場所にはトイレがあります。

少し休んで折り返し、登りへ。

行きの8.5km地点の分岐、帰りは12km位の場所で分岐。行きと帰りで見え方が違いますね。左へ。

13kmの分岐には松浦武四郎が探検したという看板が。右へ。

 

最後は皆で川にドボンして大人の山遊び、無事に終了しました~。

ご褒美に「道の駅 石狩”あいろーど厚田”」でジェラード食べちゃった。

 

本日の走行距離22km 2時間44分55秒

獲得標高 D+1099 D-1093

2+
スポンサーリンク



ブログをメールで購読

メールでブログ購読が出来ます♪

メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする