ランナーの勲章・称号

ランナーの勲章的な「称号」みたいなのってあるじゃないですか。

ロードで有名なものと言えば

「サブ4」

「サブ3.5」

「サブ3」

多くのランナーが「目指せサブ3.5!」みたいな、区切りとなる記録を狙って日々頑張ってますよね。

一般市民ランナーレベルで言えば、男子はサブ3,女子はサブ3.5を「生涯目標」として頑張ってる方も多い。

いずれもランナーのうち上位3%前後の難関であるがゆえ、この称号をゲットした時の達成感は計り知れない(いや、別に称号のためじゃ笑)

ハーフでも「100分切り」「90分切」「80分切り」などが目安であるけど「90分切りランナー!」などは、フルの「サブ3.5ランナー」程の称号感は無い雰囲気も…^^;

このブログで書くことは「フルマラソン」の事が多くて「ハーフマラソン」のことは、今まであまり書いていませんでした。 今週末は帯広...

レベルが高くなってくると、出場するのにタイムの縛りがあるレースなんかで得る「称号」もある。

「あの人は別大走ってるんだ」

「福岡国際ランナー!」

「え、彼はびわ湖ランナーなんだ…(;・∀・)スゲ」

みたいな感じ。

※別府大分毎日マラソン出場資格:フルなら最低でもサブ3.5

福岡国際マラソン出場資格:フルなら最低でも2時間35分

びわ湖毎日マラソン出場資格:フルなら2時間30分

女子だと「国際ランナー」という称号を「大阪国際女子」の参加資格である3時間10分を切って出場する事で得ることが出来る。

そんな「条件付きレース」の出場がモチベーションになってて頑張っているランナーも多いですし「福岡ランナー!」とか言われたらたまらんですよね(いや、だから別に称号のためじゃ笑)

少しディープな世界、サロマ湖100kmなどを走ったりすると

「ウルトラランナー」

なんていう称号があるんだ。

「ウルトラランナー」

ですよ。

なんて響きでしょう。

最初に聞いた時は

「超凄いランナー」

にしか聞こえませんでした(笑)

サロマにまだ挑戦してなかった頃、ラン友から

「サロマ湖100kmウルトラマラソンを走ると”ウルトラランナー”になれるんだよ。ウルトラランナーだよ!!」

って聞いて、その響きに色めきだったものだ(笑)

「ウルトラランナー…こりゃ、相当な”特典”がありそうだぜ(よこしまな考え)」

そして2015年、サロマ湖100kmウルトラマラソンに初挑戦して完走。

「とうとう俺も”ウルトラランナー”の仲間入りだ!」

と喜びましたが、完走後に、例えば女子2人組から

「あ、見てほら。あの人はウルトラランナーなのよ」

「え!そうなの!?キャー!! 一緒に走ってくださ~い♪ 写真もお願いしま~す♬」

「ふっ、しょうがねぇなぁ」

なんていう展開は一切ねぇじゃねーか!!(バカヤロウ)

でさ、ウルトラランナーになっても全然

「よっ!ウルトラランナー!」

なんて呼ばれないワケだけど、サロマって「称号フリーク」を唸らせる、一層特別な「称号」が用意されてるんだ。

「10回完走したら”サロマンブルー”で、ゼッケンがブルーになるんだよ。あの人はサロマンブルーだって皆に言われるよ」

「!!なにその優越感に浸れそうなやつ(笑)」

「20回完走したら”グランブルー”で、ゼッケンが黄金になるんだよ。そしたらもうスタート地点から皆の尊敬の眼差しが凄いんだよ」

「( ゚ェ゚)・;’.、ゴフッ マジすか! 」

北海道では利尻島一周悠遊覧人Gを10回完走すると「利尻の風人(かざびと)」、本州では野辺山ウルトラなんかでも10回完走で「デカフォレスト」20回完走で「ユプシロン」という称号が与えられる「称号」システムがあるみたいですね。

なんだ、やっぱりみんな「称号」大好きなんじゃねぇか(笑)

5+
スポンサーリンク



ブログをメールで購読

メールでブログ購読が出来ます♪

メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする