2021/04/01 練習日誌 & ランニング中の日焼け

練習日誌

10km 51分04秒(5’06/km)

今日は仕事で札幌法務局へ。

割とすぐに用事は済ませる事が出来て、そのあと「お茶でもしようか」と話していたラン友さんとサツエキ(札幌駅)内のスタバでコーヒータイム(*^^*)

誰かしらのラン友さんに会ったのは去年の11月以来、なんと5ヶ月ぶり^^;

冬の間はずっと自宅で自粛でしたからね…

そのラン友さんとは、去年の夏~冬にかけての山活(登山)に関することや、今年のレースについてのことなど、話すことは絶え間なく(笑)

やっぱりランナー仲間とのお話は、時間忘れて楽しめますね!あっという間に1時間ほどおしゃべりしてお別れ。

仕事を終わらせて、夕方ラン。

今日は別の公園の土の上をグルグル。

痛みが薄くなってきた感じで喜ばしい。

明日はランオフで回復が望めるし、土曜日は普通にロング走いけるかな。



ランニング中の日焼け

30歳台後半から始めたランニング、現在45歳。初フルから8年。

暖かくて晴れた日に外で走るのは本当に気持ちが良く、毎年雪が無くなってからは、冬より長い時間・距離を走りたくなります。

そのせいか夏から秋にかけては顔が真っ黒になり、ランニングチームの夜練などに参加すると

「暗闇と同化して顔が分からないくらい黒い!」

と言われますw

つまり紫外線対策は、ほぼ皆無…

夏に顔が黒くなって、冬に元に戻るだけなら良いけど…ここ1~2年で顔にシミが目立ってくるようになりました。

鏡を見ると

(うわ~~、こんなになるとは思わなかったな~)

と、後悔しきりですorz

これは老人性色素斑だと思われます。

老人性色素斑とは日光黒子ともいいます。 20歳から30代という比較的若い年齢からでき始めるシミですが、年齢を重ねるにつれてどんどん濃くなっていくことから老人性色素班と呼ばれています。 40~50でピークとなりますが、60を過ぎてもできたり、濃くなったりするしみです。

https://www.clinicfor.life/articles/beauty-003/

目のキワなんかに出てくる、こういうヤツです。

女性の皆さまは、お肌のケアに関してとても敏感でしょうし、走りに出る時は当然対策をしている事と思います。

問題は、メンズの皆さま。

紫外線が肌の老化を進めさせるスピードは、ヤバいです。

ランニングを始める前は「年齢より若く見える!」なんて言われていた人が、ランニングを始めてから数年で一切言われなくなった(肌が一気に老化した)なんて話は、よくあります。

お顔を綺麗に保つためにも、私を反面教師として、是非

①キャップをかぶる

②サングラスをする

③日焼け止めを塗る

そんな対策をして走ってくださいね。日焼け止め、超大事。

腕や脚の日焼けも気になる人は、アームカバー・タイツの着用が考えられますが、メンズはそこまでは気にしない方が多いかもしれませんね。私もですがw

年間の70%~80%の紫外線は、4月~9月に降り注ぐと言われます。

今日から4月。すでに全国的に暖かくなっていますし、日差しも強いです。

そもそも日が昇る前の早朝や夜に走る人はそこまで気にされなくても大丈夫かもしれませんが、日中に走る時は本当に要注意です。

私は日常的には汗をかいても落ちづらい、アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルクが、コスパと性能面のバランスで最強だと感じて使っています。

つけ心地はミルキーです(よく分からんか笑)

夏に長時間動き続けるウルトラマラソンやトレイルのレースなんかだと、サンプロテクト ファイターが全く焼けないし、アネッサよりも汗で落ちづらいです。

ただ、つけ心地に”油感”があります。サラダ油塗ってるみたいな(笑) だから汗かいても弾くし、全く落ちないんでしょう。

 なおアネッサよりもファイターの方が少し高いのと、汗で落ちにくいだけに、落とすのに専用クレンジグの使用が推奨されてます。他社商品のオイルタイプなクレンジングでも落とせるようですが、製品によっては落ちにくい場合もあるとのメーカー側の説明。

気になる人はメーカー推奨のクレンジングオイルとファイター、それぞれ小さい容器に入れられた安価なセットを、まずは試しに買って使ってみるのが良いかもです。

「健康は失ってみて初めて分かる」とはよく言います。
お肌も老化が進んで、みずみずしい肌を失ってみて初めて身にしみます( ;∀;)
走るのは楽しいし気持ちの良いものですが、お肌は大事にした方がホント、良いです。
+14

フルマラソンのための、個別練習メニュー作成について

【メニュー作成対象レベル】
フルマラソン完走~サブ4~サブ3.5~サブ3~サブエ…

ブログをメールで購読

メールでブログ購読が出来ます♪

メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする