2021/06/17 練習日誌 不整地ジョグ+坂D & 東京マラソンでPCR検査

2021/06/17 練習日誌 不整地ジョグ+坂D

クルーズインターバル翌日。

最初の頃に比べると、スピード練習翌日でも筋肉痛やダメージ、本当に無くなった。

25℃ほどですが、日差しは強くて暑い。

自宅近くの公園で不整地ジョグを5kmちょいして、坂のある場所へ移動。

5本坂ダッシュして、残りの距離を再び不整地でジョグして終わり。

公園では近所の高校の陸上部だろうか。

女の子たちがドリルをやってた。下の動画のようなやつね。

女の子たち、綺麗に動いてやってたー。

やっぱりドリルもやった方が良いよなー。

今は様々な情報がwebで手に入るから良いよね。

ただ情報は溢れていて玉石混交だから、取捨選択は大事になるけど^^;

今日(金曜日)はランオフ。

明日は長い距離でも走ろうかな、と。

東京マラソンがPCR検査

東京マラソンが参加者やボランティアなど関係者への事前のPCR検査を必須とし、その検査費用6,800円の費用をランナーには自己負担させる事を決めた模様。

参照:東京マラソンホームページ

エントリーの時点ではなく、すでに抽選結果が発表されてエントリーが決定してからの追加費用の負担は物議を醸してしまいますよね。

東京マラソン側は申し込み規約で

「新型コロナウイルス感染症対策費の負担の可能性がある」

って書いてあるでしょ?だから文句言うなよ、とドヤ顔が浮かぶような文言を併記してますが^^;

東京マラソンのエントリー費用16,500円にPCR費用6,800円が加わって23,300円。

「最初からこの金額になるならエントリーしなかった!」

っていう人もいらっしゃるでしょう。

もし検査で陽性になったら走れない&全額返ってこないんだろうしね。そうなったら悲劇orz

さらに心配なのは…東京マラソンがコレをやると、他のマラソン大会も追随するのではないかということ。

私がエントリーしている”おかやまマラソン”もPCR検査を同額で実施するとしたら、総額2万円を超えてくる。

今年の名古屋ウィメンズマラソンのエントリー費用(26,000円)にもびっくり仰天でしたが、マラソン大会が気軽に参加出来なくなるのはキツいですね。

それでも大会を開催してくれるだけ、ありがたいのか。

いつまで続くんでしょうね、コロナ(TдT)



+11

ブログをメールで購読

メールでブログ購読が出来ます♪

メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. みなじ より:

    げんさん
    今日もナイスランでした~✨
    いつもいち早い情報をありがとうございます(*^^*)
    私も東京エントリーしていました。
    この文言の書き方だと、通知はしているって事になるのでしょうね。
    それまでにワクチンを受けて準備すすめないと~

    +1
    • げん より:

      みなじさん、いつもありがとうございます!
      東京マラソン、出場予定ですか!それは羨ましい…いや、今回ばかりはどうなのか^^;
      荷物は持って走らないといけないとか、PCRは実費で結構高めの請求はされますしね。
      私のお友達も「今回は入金しないで辞退する」なんていう方がいらっしゃいます。

      +1