ハーフマラソンとフルマラソン、シューズは使い分けるべきか【読者からの質問9】

今回のご質問は、ハーフマラソンとフルマラソンでシューズを分けるべきかどうかについてです。

シューズメーカーからしたら、ハーフマラソンとフルマラソンで使うシューズは、それぞれ買ってもらった方が一層売れるので、

「ハーフマラソン用に、アウトソールが薄くて軽いシューズを選ぶべき!」

というような流れに持っていくのは当然なのですが、実際のところハーフマラソンとフルマラソンで使うシューズを分ける必要性があるのかどうか。

そんな事を考えているランナーの方もいらっしゃるかと思い、ご質問の回答を記事にしました。



ハーフマラソンでは、どのようなシューズを履くべきか

読者からのメール内容

はじめまして。札幌在住のマラソン愛好者です。Rと申します。「ハシルコト」のブログ、すごい参考にさせていただいています。

是非、お聞きしたいことがありました。突然のメール失礼します。

質問はシューズについてです。

先日、アディゼロジャパン4でフルを3:21:25で走りました。

ハーフは昨年、ミズノのウェブエンペラーで1:29:18で走りました。

今後、ハーフで1:25:00を目指していきたいと練習しています。

そこで質問です。

今後のハーフで履くべきシューズは、ウェブエンペラーとアディゼロジャパン4のどちらにしていくべきでしょうか?

げんさんもアディゼロジャパンで走られていたということで、その頃はハーフでもアディゼロジャパンで走っていたんでしょうか?

突然の質問で申し訳ありませ。教えてください。

どうぞよろしくお願いします。

ハーフマラソンで選ぶべき、シューズの考え方について

Rさん

はじめまして!この度はメッセージを頂き、ありがとうございますm(_ _)m

ハーフはすでに90分を切っておられるのですね。フルは3時間21分とのこと。

ハーフのタイムとフルのタイムを比較すると、スピードタイプのランナーである事が想像できます。

その上で、ハーフマラソンで使うべきシューズについてご質問を頂きました。

シューズについては「サブ3.5を目指すランナーが選ぶべきレースシューズについて考える。という記事で記載している事が、私の基本的なシューズに対する考え方です。

記事にも記載していますが、

フルマラソンでは”何を目的にするか”で、使うべきシューズは異なってくると思っています。

・スピードタイプのランナーで、30km以降の終盤にペースダウンしやすいので、終盤に脚が残るようなシューズが欲しいのか。

・それとも、終盤のペースダウンは根性で堪えられるので、レース全体の巡航ペースを少しでも速めたい気持ちで軽いシューズを選ぶのか。

では、ハーフマラソンではどうなのか、という事になります。

フルマラソンを3時間20分で走る方ですので、適切なペースであれば、ハーフで脚が無くなったりスタミナが切れる事はないと思います。

したがって、ハーフマラソンで使うシューズについて検討する際に考えるのが

スピード、巡航ペースを速くしたい

という事だと思います。

すると、必然的に

ソールが薄く軽いシューズを選択する

という事になるのではないでしょうか。

ただし、ウェーブエンペラーをはじめ、匠戦・ターサージール・フライニットレーサーなどの薄底160g台のシューズだと、ハーフでも足裏が燃えるような感覚に襲われてペースダウンする事もあります(あ、私です笑)

大目標がハーフマラソンのベスト更新であれば、ハーフのゴールまで脚がギリギリ持つような軽いシューズで走るのが、自分自身も納得出来るでしょうし、最善策のように思います。

Rさんの選択肢で言えば、ウェーブエンペラーという事になります。

そもそも、レースの距離毎にシューズを変えて走るというのも、市民ランナーのれっきとした楽しみの1つでもありますしね♪



フルマラソンのタイム短縮が一番の目標という場合

さて、こういう人もいますよね。

「ハーフマラソンは練習の一環、大目標はフルマラソンでのサブ○○」

というランナー。

例えば私がそうです。

私の場合はここ数年、フルマラソンのタイム短縮が第一の目標であり、ハーフマラソンの位置付けは”スピード練習の一環”という意識です。

なので、フルマラソンのレース1ヶ月前~2ヶ月前くらいに、フルより速いペースでのペース走としてハーフを走る事が多い。

ハーフのためにテーパリングやピーキングなどをするのは、フルマラソンの為の練習と質を落とす事になるので、あまりしません。

レース前1週間ほどの期間に練習量を多少落として、ハーフマラソンを疲労感の少ない、気持ちの良い身体の状態で走れるようにする程度です。

シューズはハーフマラソンを速く走るためのものを別途用意する事はなく、さらに言えば5km~フルマラソンまで、全て同じシューズで走っています。

なぜか。

理由1:大目標であるフルマラソンの前に、故障するのが怖い

軽いシューズ&速いスピードでアスファルトを21kmも走ると、故障のリスクがあります。

練習だったら違和感を感じた時に途中でやめられますが、レースでは最後まで頑張ってしまいがち。

特にフルマラソンに向けて真剣なトレーニングをしている期間中(疲労が蓄積している状態)でハーフマラソンに参加する際に、怪我の心配が大きくなります。

実際私は、フルマラソンのレース3週間前のハーフマラソンにソールの薄いシューズで参加した時、ふくらはぎが痛くなってしまった時がありました。

一般的にフルマラソンで使うシューズは、30km走っても脚が残っているような、クッション性のあるシューズを使っている方が比較的多いと思います。

私もそうです。

なので、ハーフマラソンもフルマラソンと同じシューズで走っています。

何より大目標であるフルマラソンのスタートラインに、万全の状態で並ぶ事が大事。

ハーフで数秒~数十秒速く走るために、故障や疲労のリスクは取りたくないのです。

理由2:結局は自分の走力による所が大きいから

私の場合、最もスピードに乗りやすくて脚持ちの良い、バランスに優れて走りやすいシューズをフルマラソンのレースで走るシューズとしているので、どの距離でもある程度走りやすく感じます^^;

レースシューズ戦歴としては、フル3時間20分切りまではウェーブライダー、2時間55分切りまではジャパンブースト、現在はヴェイパーフライiconです。(4%とN%)

ある程度スピードに乗りやすく走りやすいシューズであれば、ハーフでもフルでも、

試されるのは自分の走力である

と考えているタイプです。

もっと言うと、数十グラム軽いシューズを履いたからと言って、ハーフのレースで急に閾値が上がって巡航ペースが凄く速くなったり、ハーフマラソンのタイムが何分も速くなる事は無いと考えています。

ただし、ヴェイパーフライだけは別モノですが(笑)

ヴェイパーフライ4%フライニットがきた! 来たよ、ついに来た。 何度もヴェイパーフライ4%の争奪戦で苦渋をなめ、かといってヤフオクで...



まとめ

結局は

「ハーフなら、走りやすくてゴールまで脚が耐えられるシューズであれば、何でも良いんじゃない?」

という、読者離れ確実な結果に(笑)

どのシューズが自分を速く走らせてくれるか、というよりは

オレを(私を)気持ち良く走らせてくれるシューズはどれだ

という目線で選ばないと、シューズ沼からは抜けられません(笑)

「はいはい、だからお前はヴェイパー買ったり、今でも沼なのね。乙w」

とかメールが来そうですがww

「あ、これは違和感なく気持ち良く走れるシューズだ」

という視点で決められれば、レースシューズはある程度、固定されると思います。

そうすれば、あとは走力を上げる事だけに集中出来るようになると思いますよ(*^^*)

もちろん色々なシューズを試して履いて楽しむ、市民ランナーの特権を否定するものではなく、私も今だに練習では色々なシューズを履いて遊んでます(笑)

9+
スポンサーリンク
スポンサーリンク



ブログをメールで購読

メールでブログ購読が出来ます♪

メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする