2018つくばマラソン レースレポ【気持ちを入れた後半】

2018つくばマラソンレースレポ、後半です。

前半はこちらの記事です。

つくばマラソン、4年連続4回目。今年もPBに挑戦してきました! つくばマラソンのレースレポ、前半です。 今年...

2018つくばマラソン レース記 後半

30km〜35km

20’21(4’01,4’06,4’06,4’03,4’05) 平均4’04/km

いよいよ30km地点。通過タイムは

2時間1分45秒(4’04/km)

去年の30km地点、通過タイムは

2時間2分15秒(4’05/km)

25km~30km区間でわずかに頑張ったおかげで、去年より30秒速く通過。

「まずは30km地点を去年と同じくらいのタイムで通過する」

という計画通りにできた。

そしてPB達成には、ここからの30km~35km区間が最も大事だと思っていた。

去年はこの区間、疲労と脚の痛みがあり、21分13秒とサブスリーペース・平均4’15/kmまで落ちてしまったんだ。

今年は何とかペースを維持したい。そうすればPBは濃厚になる。

そんな事を思いながら、30kmを過ぎてから、いよいよ気持ちを入れて走り始める。

スタートから30km地点までの、単純な移動区間は終わりだ。

しかし、ハムの後ろや臀部に疲労感を感じ始めたのも、この頃。

「そりゃそうだ。もう30km過ぎなんだから。いつもの事。我慢して、さぁここから!」

と気合いを入れる。

そして、閉じていた目を開けるw

31km 4’01

周りの雰囲気、息遣いが少し荒くなってきたランナーが出てきた。

そして少しずつペースダウンする人も増えてきた。

ペースを維持して走っている分には、あまり抜かされない。

まだ自分の呼吸は比較的静かで大丈夫。身体も大丈夫。このまま維持していける!

32km 4’06

志村けん・バカ殿のコスプレランナーに追いつく。

このお方、つくばや古河はなももなどで毎回見る速いランナー。

キッズに応援されると「アイーン」をしながら楽しませているのにも関わらず、とても速い。

これまでは、いつも自分が走る位置より遥か前でレースを進めておられたので、遠くで見て尊敬しているだけだった。

私は小心&人見知りなので、話しかける事などは不可能(笑)

その憧れランナーに初めて追い付いた。しばらく同じ位置で走れて嬉しかった。

そして心の中で敬意を払いながら、前に進ませて頂いた。

33km 4’06

ペースを何とか維持して頑張っていると、息を切らしながら後ろに付いてくるランナーも結構いる。自分も苦しくなってきたけど、多分後ろに付いてくるランナーの方が苦しいはず。

「自分も頑張ろう」

と思えるけど、荒れた息遣いは、ほどなくして遠ざかり、そして聞こえなくなる。

そしてまた新たな息遣いが後ろに付く。その繰り返し。

34km 4’03

お汁粉ポイント。これまで3年連続で取った事がない。

「今年は取ろうか…」

と一瞬迷ったけど、自分の周辺でお汁粉を取るランナーは全くいない。

「( ゚ェ゚)・;’.、ゴフッ. ってなったらアレだし、そりゃそうだよな」

今年も諦めた(笑)

35km 4’05

前半の瞑想・ラクさ加減からは想像出来ないくらい、キツくなってきた。でも、

「何とかこの区間まではペース維持しないと…せめて35kmまでは」

と思いながら、頑張って走る。頑張り度合いでは10段階で、すでに6~7には達していた。

「キツくなったら笑え」

沿道の声援に応えて笑顔を作るのが、ペース維持には大事なんだ。

なるべく沿道の声援に応え、笑顔で走ったことで何とか維持できた。

35km〜40km

21’03(4’14,4’13,4’20,4’08,4’08) 平均4’13/km

35km地点、通過タイムは

2時間22分06秒(4’04/km)

去年の通過タイムは

2時間23分28秒(4’06/km)

よし!35kmまでペースを維持出来た!

35kmを通過した時、去年より1分20秒くらい速い通過だと分かった。

「これでPBは、ほぼいける!大丈夫だ!」

と思った。

去年は35km~40kmまで22分02秒(4’24/km)までペースダウンした。

「そこまでは落ちないだろう!」

と感じていたからだ。

36km 4’14

アップダウン…というか、緩いながらも登りが長い。終わったと思ったら少し下っただけで、今度は斜度がキツめの登りがが。コースを分かっちゃいるけど、辛れぇ~orz

自分もタイム的にはペースが落ちてるように見えるけど、他のランナーはもっと落ちていて抜かせる。自分も少し息切れしてきたかもしれない。

37km 4’13

沿道の声援に応えながら、どうにかペースを維持していたのですが、一切声援が自分に来なくなる「地獄モード」に突入。ナゼ?

どうやら自分の前のランナー、後ろから見ただけでは分からないけど「ももいろクローバーZ」関係の何かを身体の前側に仕込んでいるらしく

「ももクロ頑張れー!」

などと、多くの声援を受けている。

おかげで自分への声援は皆無、ペースダウンしちまった!(笑)

(これは早急に彼と離れないといけない)

少し頑張って彼を抜き、再び声援を受けはじめる事に成功したw

コスプレをして走る時は当然、他のコスプレランナーと距離を空けて走らないといけないのが鉄則だが、ガチで走る時も、コスプレランナーとは離れて走らないと、タイムに影響するわ^^;

38km 4’20

むむ~、…股関節が相当痛む。

35kmを過ぎてから、徐々に股関節が痛くなってきていたが、我慢して走っていた。

ここにきて、練習で距離を踏めてない影響が出てきたかな。いや、今年の5月・洞爺湖マラソンの時も痛くなったし、クセになってきてるか?

どうにか耐えて走っていたものの、顔が歪んでペースが落ちる。

これはヤバい。

自分の場合、こうなると辛さは一気に増し、1km毎にペースは落ちる一方。

ゴールに到達するまでに大きくタイムロスしてしまう。

これは我慢しない方が得策だと感じ、思い切って37km過ぎてから止まった。

股関節を開き、イチローストレッチなど数種類の股関節ストレッチを大至急実施。

呼吸を整えてリスタート。

痛みはほとんど感じられなくなり、ペースの維持が出来るようになった。

ここで15秒位はストレッチによるロスをしたけど、ゴールまであと5km、痛くない状態よりキロ10秒~20秒ずつ遅くなって合計1~2分遅れてしまうより、よっぽどマシなんだ。

自分の股関節痛は、ストレッチをすればレース中はどうにか耐えられる、ペースを維持出来る痛みに抑えられる。

レース後は数日間、痛いけどね^^; レース中に痛みがなくなれば良い。

ロキソニンなどの痛み止め薬は使わないよ。ノードラッグがモットーだ。

39km  4’08

どうにかペースは戻せた。

股関節の痛みは収まったものの、今度は足裏が痛くなってきた。

すぐにここでジョミ投入。

レース中の甘い糖質は吸収が早く、運動をやめさせようとして痛みを感じさせる脳を「騙す」ことができる。

しばらくすると、足裏の痛みは消えていった。

40km 4’08

いよいよ筑波大学の構内に戻ってきた。ここまで来れば、あと少し!

苦しいながらも何とか進んでいると、足のつま先がシューズの先端に当たって痛い…

「あ、これは…疲労で着地が身体より前になってしまって、ブレーキになってるな」

このままだと、残り3kmは辛いだけでペースはガッツリ落ちてしまう。

着地を意識的に身体の真下にするようにし、腕を上げ肩を回し、肩甲骨を寄せるようにリラックス。フォームの乱れを直すように腰高のフォームにするよう気を付けながら、再度気合を入れてペース維持を図る。

40km〜G

9`01(4’16,4’08,37) 平均4’07/km

40km地点、通過タイムは

2時間43分10秒

残りを去年と同じく※9分ほどで走れば、2時間52分台だと分かった。

※去年のつくば、ラスト2.195kmを9分08秒で走った

41km 4’16

しかし…ここまでのペース維持で相当疲弊していた。

ラストの踏ん張り、スパートが出来ない。

もがくように走っていると、大学構内の折り返し後のスライド区間で

「げんさん!ラストガンバ!!」

と大きな声で応援してくれるランナー。

地元のランニングチームのチームメイトで、初サブスリーを目指している方。

疲れすぎていて、たいした返答が出来なかったものの、サブスリーがほぼ確定の位置を走ってるじゃない!

「彼も頑張っているんだ!自分も最後くらい頑張らないと!」

42km 4’08

チームメイトに気合を注入されたものの、再び4分ちょいのペースで走るのが精一杯。

ラストの急な登り坂のキツい事と言ったら…もう止まりそうなスピード感^^;

マラソンの終盤は1km毎に遠く、ゴールまで本当に長い!

ゴール 0’37

ラストでもう一踏ん張りして51分台にする気力、、、出せなかったorz

それなりには頑張ったけど、どこかで

「今回は52分台でいいか…」

って思っちゃったかな。

ゴールタイムは

2時間52分10秒(4’05/km)

今までのベストは、昨年のつくばマラソンで記録した

2時間54分30秒だから…

2分20秒縮めるPBとなりました!!

まさか本当に【松】でフィニッシュ出来るとは思ってなかったから、嬉しかったー!

ゴール後は、初サブスリーを目指して走っていたチームメイトを待つ。サブスリーは間違い無いハズだけど…やっぱりマラソンは最後まで何があるか分からない。

心配しながら待ってると…

来た!55分台!!

去年もつくばでは、初サブスリーの友人をゴールで待って喜びを分かち合ったけど、今年も初サブスリーの歓喜を共有させて頂く幸運。

やっぱり、初サブスリーを目指す仲間と練習から切磋琢磨したり、ペーサーしたり、本番でその瞬間に立ち会うのは最高だっ!

改めて自分のラップ。

前半 1時間25分58秒

後半 1時間26分12秒

ネガティブスプリットはならずでしたが、ほぼほぼイーブンで走りきれて大満足!

つくばマラソンを走った皆さま、お疲れさまでした!

応援してくださった方々、ボランティアスタッフの皆さま、ありがとうございました!



ヴェイパーフライ4%フライニットでフルを走った感想

今回、初めてヴェイパーフライでフルマラソンを走ったのですが、改めて2つの効果を感じました。

1.走り始めから、楽に走っていても出るラップが速い。

これはハーフや駅伝、練習での20km走でも感じていましたが、やはり「抜き気味」で走っていても

「おぉ!?」

っていうくらいのラップで走れるんですよねー。

シューズの重量も軽いから、負担にならないし。

個人差はあるんだろうけど、自分にとってはやっぱり魔法のシューズですよ。

去年より練習の量・質ともに少ないのに、ハーフもフルもPB出せたのは、少なからずシューズの恩恵、受けてます。

2.着地衝撃の少なさ

今年の洞爺湖マラソンで履いた「ズームフライ」ではそこまで感じてなかったのですが、ヴェイパーフライでは着地衝撃の少なさを強く感じました。

今回、30kmまで余裕を持った巡航が出来たのも、レースを通してほぼイーブンで巡航出来たのも、着地衝撃による身体へのダメージが少なかったおかげでもあると感じます。

ただし、筋疲労は別問題。

30km過ぎたらそれなりにハムの後ろや臀部は疲れてきました。

でも、厚底での登り坂は少し登りにくかったかな。小さいデメリットですが^^;

何と言っても、一番大きなデメリットは「価格」ですよねw

これ履いちゃうと、他のシューズでレースを走れなくなりますわー。

だって速いラップは出るし、何より自分の弱点である30km以降の終盤にダメージが少なく、粘れるんですもの^^;

14+
スポンサーリンク



ブログをメールで購読

メールでブログ購読が出来ます♪

メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする