炎の30km走、10kmで灰w

これって貧血なのか

ズームフライの呪いも解け、今週はしっかりポイント練習もやり、距離も踏めるようになってきた。

昨日ランオフまでして体調万全で臨んだ今日の30km走!

9時に仲間たちと公園に集合。今日こそは4’10/kmで必ず30km走る切るんだ、オレはやるんだ!燃え上がる!

そして火の玉スタートーー!!

4’09

4’07

4’09

4’09

4’10

4’09

4’10

4’12

4’09

10km 41’34(4’10/km)

燃え尽きたw

おーーーい!

なんだコレー!

10kmで燃えカスなんてっ(;´Д`)

3km目からもうキツくてキツくて…いつも7km~8km辺りでセカンドウインド、ジョグのような自動巡航モードになって、どこまでもいける感覚になるんだ。呼吸が静かになって汗も引いてくる。

そんな感覚にもならず、ありえないくらい辛くなる一方だったんだ。

「あー。オレの身体、どっかオカシイな」

ってすぐ分かった。

これが噂に聞く「貧血」なのかもしれない。

自分は今まで経験したことはないのですが、ラン仲間の貧血経験者に聞くと症状がそれっぽい感じもある。

貧血に詳しいスポーツドクターを紹介してもらったので、来週検査してみます。

これで「ヘモグロビンなどの数値、全て平常です ( ・`ω・´)キリッ」とか言われたら、それはそれでショックだけどね(笑)

単に「走力不足」「根性不足」が確定するというw

いや、でも何かあると思うんだよなぁ。

まだ貧血か何かの確定はしてないけど、多分…つくばで記録を狙うとか、そういうレベルでは無くなってしまったかもしれない。

憧れの別大に向けて、まずは「つくば」「防府」と良い走りをしたかった大事な秋だっただけに、今日の練習後は少し落ち込みもしました。

でもいいんだ。楽しくランニングライフを送れれば。

記録はまた身体の調子が良くなって、速く走れるようになったら目指す。ジョグならそこまでキツくないからね。

ゆっくりとでも走ることが出来さえすれば、仲間と飲んで食べて話して、たくさん楽しめるし!そう思えば、タイムを狙えなくても充分人生楽しいよ。

ブログをされている方でも身近な仲間でも、昔は記録を目指して走ってたものの、今は様々な事情であまり走れなくなった人がいる。

そういう方たちのお話を見たり聞いたりすると「切り替えよう」って思えました。

サポートを甘くみるな

それでさー、今日は10kmでリタイアして落ち着いた後、仲間たちのフォロー役を初めてやったんだ。周回ごとに「がんばー」とか声かけたり、給水を渡してあげたりしてね。

今まで仲間との練習30km走でリタイアすることなんてなかったから、完全に裏方若葉マークだ。

「フォローって言っても給水を渡すだけだろ?」って思ってたけど、甘くみないほうがいい。

大体、誰がどのペットボトルかさっぱり分からねぇ。間違って違う人のペットボトルを渡したりしたら

「オレのじゃねぇよ、ボケがーー!」

と、言われかねないお方がチラホラ(笑) 怖えーぜ。

タイミングも大事だ。誰がどれ位の距離を走っていて、前回の水分補給をしたタイミングを覚えていることも重要だ。ついさっき補給をした人に、間違って再び給水をさせようとしたりしたら

「さっき給水したばっかりだろうが、ボケがーーー!」

と、言われかねないお方がチラホラ(笑) 怖えーぜ。

そして状況判断も必要になってくる。

「彼は23kmで給水したハズだ。次の周回で28km、そろそろ渡そう」

などと考えて準備。

ペットボトルの間違いも無く、タイミングもバッチリなハズだ。

「給水です!」

「いらねー!」

ゴールである30kmまであと2km、そろそろラストスパート。そんなタイミングでの給水は邪魔だったんだ。

(いらねー…らねー…ねー)

脳内で何度もこだましていた。

サポートは甘くみないほうがいい(笑)

7+
スポンサーリンク



ブログをメールで購読

メールでブログ購読が出来ます♪

メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする