2019京都マラソン【3時間50分切り】レースレポ

初めての京都マラソン。

これまで3回応募して落選続き^^; ようやく4回目にして当選したのです。

京都マラソン2019、レースレポです!

京都マラソン2019、挑戦のポイント

京都マラソン、ようやく当選。

エントリー代金を支払う時は希望に満ち溢れていて、

「よ~し、別大で2時間50分切れなかったら、京都でやる!やってやる!」

なんて意気込んでいたものですが、防府で膝やって別大DNS、その他も冬のレースは軒並みアウト。

気持ちを切り替えて、春4月の富士五湖から始まるウルトラマラソンに照準を合わせるため、京都マラソン・さが桜マラソンは練習の一貫としてのファンランに徹する事に決めました。

とはいえ、1月の月間走行距離は168km。2月は少し良くなってきたとはいえ週間50~60km程度でロング走も全然出来ていない状態。

脚作りだと思って、ウルトラマラソンのペースくらいで走る事にしました。

レース前日、新千歳空港から受付会場までの移動など

レース前日、2月16日(土)に新千歳空港から神戸空港へ、11時45分発のスカイマークに乗って移動しました。

神戸空港には定刻の13時50分ほどに到着、隣接する神戸空港駅からポートライナーで三宮駅まで18分かけて移動。

三宮駅で神戸線新快速・長浜行きに乗り換え、京都駅に近い山科駅で乗り換え、受付会場のある東山駅へ向かいました。電車代は山科駅まで1320円。山科駅で東西線に乗り換えて260円。

 

東山駅に16時近くに到着すると、ランナーっぽい方が結構いる。

受付会場の場所は良くわからないけど、みんなに付いていけば大丈夫(笑)

そして会場に向かって歩いてると…やっぱり京都だ!デカい鳥居が見えてきたわ~。年甲斐もなく、ワクワクする^^;

と思ったら、ここはゴール地点なのね。すでにゴールが準備されていました。

 

受付会場の「みやこメッセ」に到着。

受付会場に入ると、本人確認のためにIDチェックゲートで免許証提示。

その後、ゼッケンを受け取って大事な予定は終了。

 

それからは京都マラソン前日の雰囲気を存分に味わいつつ、ガチで走りにきたらレース前日には絶対に食べないであろう、ラーメンや和菓子などを堪能して楽しみました♪

 

 

ブラブラしていると、ステップスポーツのブースに凄い人が集まって賑わってる。

なんだ?と、店内に入ると…大セール中でした^^;

オデッセイリアクト3000円とか、ジャパンブースト6000円台とか、

「おぃおぃ、ちょろっと走ったキレイめのメルカリ中古価格じゃないですか」

的な、お値付け。

とにかく安くてビックリ。税込み新品ですからね。思わずアディダスの長袖Tシャツ購入。1500円ポッキリw

周りにいた女性ランナー2人組が

「まさかここでシューズ買うとは思ってなかった…」

などと、笑って話しながら帰っていきました(笑)

いや、道民だから「安い!」って思うのかな。関西圏では、もしかしたら普通なのかもしれない^^;

 

受付会場を後にして、ホテルのある丹波口駅(京都駅の隣)へ。

今回もホテルは東横イン。2連泊。

夕食はコンビニで買ってきて適当に済ませ、お風呂に入って就寝zzz



レース当日、スタート前まで

翌朝、朝食は6時半からホテルで無料提供されるものを頂く。

通常9時スタートのレースだと、朝6時までに朝食は済ませるのでコンビニで買ってきますが、今回はファンランなので気にせず^^;

ホテル出発は7時頃。ホテルから10分ほど歩いて京都本線の大宮駅へ。

大宮駅から、スタート地点である西京極競技場に近い西京極駅までは2駅・5分程度。

競技場に到着後は、時間になるまで競技場のベンチで待機。頃合いに着替えて荷物を預ける。

  

 

荷物を預け、最後にトイレに入ってスタートラインへ向かおうとしましたが…

トイレ混み過ぎ^^; 個室だけでなく、小用も大混雑!

「個室は1時間待ちで~す」

とか、係員の方が言ってます(;´Д`) スタート時間まで1時間切ってますがw

小用も20分位は並んだでしょうか。でも無事に終わって、スタートラインへ向かいました。

スタートラインに向かう途中で、ブログの読者の方と無事にお会いする事ができ、エールを交わして、一応自分が振り分けられたSブロックへ。

うーむ、さすがにSブロック。スタートラインに近い…

今回はファンランでペースも遅い予定。他のランナーの邪魔になってもいけないし、危ない。

そっとSブロックを後にして、Aブロックの最後方に並んでスタートを待ちました。

ウェア・持ち物・作戦

ウェア

1、デサントの黒Tシャツ+長袖Tシャツ

2、アシックスマルチポケットパンツ

3、しまむらの3足980円五本指ソックス

4、adidasのグローブ

5、エピックリアクト

6、ゴミ袋カッパ(防寒)

持ち物

1,カメラ

作戦

練習の一貫としてのファンランにつき、ウェア的にはタビオの五本指ソックスや、ふくらはぎをサポートするカーフスリーブなどは着用せず、シューズも散々履いてきたボロいエピックリアクト。もう800kmは確実に走ってるやつw

持ち物もエイドで補給すれば充分なので、カメラだけ。

レースプランは、前述の通りウルトラペース。

5分20秒/km程度で巡航、ご当地食のあるエイドは止まって堪能。写真も忘れずに。

楽しん40kmまで到達したら、あと2.195kmはダウンジョグの40km走。



京都マラソン2019 レース記

さすが京都マラソン。外国の方がとても多い。

Aブロックに並んでいると、周りは中国語が飛び交っている^^;

「你為什麼在A區(なんでコイツはAブロックにいんだよ)」

と、私のゼッケンを見て話をしているようだ(妄想w)

ほどなくして9時、スタート!

スタート〜5km

27分15秒(5’27/km) ロス含める

スタート地点近くから離れ、Aブロック後方からの走り出しにしたので、スタートロスは42秒。

走り出すと、周りのランナーも同じようなペースなので良い感じに進める。

さすが16000人規模の都市マラソン。沿道の応援も凄い。ハイタッチを求める人も多く、非常に楽しめる予感♪

序盤、ブログを読んでくださっている道内ランナーの方からお声かけ頂きました!ありがたい限りですm(_ _)m

そうこうしているうちに、あっという間に5km。

5km~10km

27分01秒(5’24/km)

桂川沿いを走る6km過ぎ、観光名所の渡月橋が見えてきた!もう少しで間近に見えるぞ~と思ったら、ほどなくしてコースは右折…マジか。渡月橋にもう少し近づきたかった(ノ∀`)

10km~15km

25分31秒(5’06/km)

10km過ぎ、待ってました仁和寺。ここは「The 京都マラソン」みたいな感じで、よく写真が使われてますものね。

 

少し狭い、路地的な場所を走るもの良かったな♪

15km~20km

27分55秒(5’35/km)

ここも名所の今宮神社。ホント、こういう場所を走らせてもらえるのは嬉しい(*^^*)

街中に突然姿を表す神社仏閣。たまりません。

 

そしてきました、ご当地モノが置いてあるエイド。

まずはチョコソフト。楽しみにしていたので、しっかり止まってゆっくり休みながら食べる。

 

20km~25km

26分24秒(5’17/km)

20km過ぎには、はちみつレモンパン!ここもしっかり味わって楽しむ♪

 

ハーフ地点は1時間54分05秒、随分遊んでる割にはサブ4出来そうで安心。

25km~30km

27分34秒(5’31/km)

あれ?…25km過ぎて脚がヤバくなってきた(;´▽`

やっぱ練習不足だとハッキリ出てきますね、ダメっぷりが。

26.5kmのエイド、疲れたので今まで以上にゆっくりお休み。

生八ツ橋・みかん・ミニクロワッサンを全て1つずつ味わい、屈伸運動してリスタート。

 

 

30km~35km

25分34秒(5’07/km)

もう30km超えてからは風景・エイドはどうでも良くなった(笑)

脚が無くなって必死ww ゴールまで写真すらございませんorz

苦しいので沿道の声援・ハイタッチには応えながら巡航。なんとか進む。

それにしても衰えるもんだな~。

35km~40km

27分24秒(5’29/km)

何とか40kmまで到達すれば、あとは歩きを交えたダウンジョグで充分。

それだけを頼りに頑張る。衰えた脚を再び作っていく作業は大変だ。

周りのランナーは息遣いが激しい。頑張っている。

自分は…息は全く乱れていないものの、脚だけは他の誰よりもガクガクだと思われるw

「800kmも走ってるエピックリアクトを履いてるからダメなのか!」

と、一瞬道具のせいにしようとした自分が情けねぇ~。シューズのせいじゃないから(笑)

40km~ゴール

14分16秒(6’30/km)

40kmに到達。今日の任務は終了。ごくゆっくりのジョグに切り替え、力を抜いて筋肉をほぐすように走る。

ゴール地点の風景、ゴール地点の向こうに大きな鳥居。京都らしくて良いですね!

3時間48分54秒でゴールしました!

いや~、楽しかったな!!前半だけ(笑)

レース後

レース後は完走メダルや完走賞を頂きましたが、とにかく寒い。

何だろう。ペースが遅めだからなのか、フルを走っても身体があまり暖かくない。

すぐに冷えてきたので、速攻で更衣室に移動して着替え。

暖かいものが欲しかったので、無料でもらえる味噌汁を求めて急ぐ。

しかし大行列(;´▽`

何十分待つか分からなかったので、瞬間で味噌汁をパスw

有料にはなりますが、温かいうどん・いなりを2つ頂く事にしました。少し生き返った!

少し生き返った後は本格的に生き返るため、迅速に温泉施設に移動。

ホテルの最寄り駅である丹波口駅から徒歩5分にある、はなの湯。

何度も交代浴で芯から温まり、セルフマッサージを充分して復活!

と思ったら、温泉から出て休憩室で寝てしまいました^^;

やっぱ練習が積めてない状態で走るフルは疲れました。

ホテルでもゆっくり休み、翌日午前中に多少観光的な事もして、無事に午後の飛行機で札幌の自宅に帰りましたー。

 

まとめ

初めての遠征ファンラン・京都マラソン、途中までは凄く楽しめました(笑)

やっぱりファンランであっても走力がないとフルマラソンはキツい^^;

このまま4月の富士五湖に臨んでしまったら相当ヤバいので、

「こりゃ本当にあと1ヶ月半ほどは、真面目に頑張らないと!」

と、心の底から危機を感じたのが一番の収穫かなw

膝や腕の肉離れなど故障の心配や、応援をしてくださった皆さまに感謝です。

いつも本当にありがとうございます!(*´∇`*)

11+
スポンサーリンク
スポンサーリンク



ブログをメールで購読

メールでブログ購読が出来ます♪

メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする