2022北海道マラソン・サブ4ペーサーレポ【冷や汗ビショビショ笑】

2022北海道マラソン・サブ4ペーサーレポ

(…ウソだろ。ガーミンがフリーズしやがった(TдT))

考えてみてほしい。

もしあなたが本気でPBを狙うレースがスタートして18秒後に、ガーミンが全く動作しなくなったとしたら^^;

ラスボスに挑むのに、勇者の剣よろしく、最高のシューズはある。

鋼(ハガネ)の鎧的な、機能性が高く軽量のウェアも装備している。

しかしだ。

飛ばしすぎないように、しっかりペースを守る、守備の要である「盾」がないんだorz

ほら。

変な汗が一気に出てきて、北海道マラソンのスタートラインに到達してもいないのに、ビッショリになってる私に同情できたかい?(笑)

私の後ろには真剣にサブ4を目指すべく、北海道内・外から来てくださっているランナーの皆さまがいらっしゃっている。

皆さまにとって、私のガーミンがフリーズしようがしまいが、そんな事はどーでもいいはずだ(笑)

ただただラップを守って、背中に堂々と記載してしまっていた「3時間59分30秒」でゴールしさえしてくれれば^^;

(マジで、これ。どーすりゃいいんだよ…スタートラインすら通過してないのに、脇汗がビショビショだよorz)

スタート~5km

(ロス4分20秒)11’20(2km分)-5’33-5’34-5’44

混乱したままスタートしたものの…

動物的な勘と10年の走歴で培った正確無比なペース感覚で、スムーズにサブ4ペースに乗せる事が出来ました♪

んなワケねぇ(笑)

そんな職人技、ムリっすww

じゃあ、どうしたか。

実はガーミンがフリーズしたものの、私は真剣にPBを目指すレースやペーサーをするレースでは、常に時計を2本(右腕にGPSウォッチと、左腕にamazonで買える安いラップ時計)していますので、大会が用意している1km毎の看板でラップ時計を手動で押して、ペースを把握する事にしました。

とはいえ、一番大事なのは序盤。

どうしても元気なので、速めに走ってしまいがち。

そんな時にGPSウォッチ(ガーミンなど)が役立つんだよね~。

大会が用意している1kmの看板までのごく序盤・数百メートル走った所で、ペースが大幅に外れていないかGPSでチェック出来るからね。

今回はそれがなかったので、1km目の看板までは目隠し状態。

5’30/km~5’40/kmの”感覚”だけで進む。

ヒヤヒヤしていたのを、ひた隠しにして進む動画w

Mスポーツご提供

1km目の看板が来るのを、キョロキョロしながら走っていると…

1km目の看板がねぇ!!(笑)

(くっ、目隠しは1kmで終わると思ったのに…しょうがない。2km目まで”ブラインドペーサー”だ)

本番の前日、道外からのラン友さんと一緒に5’30/kmで走る練習をしておいて良かった。

(レース前日に、サブ4ペースで16kmラン)

身体の動かし方や力の入れ方、ピッチ・リズムを出来るだけ正確に思い出して、5’30/kmほどで進んでいるはずだと信じて…

あ!2km目の看板、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ピッ!看板の場所で、手動でラップ時計を押す。

11分20秒。

(うぉーー!5’40/km平均!あぶねー!良かったーーーー!!(TдT))

すでにゴールを迎えたような(笑)、そんな歓喜の2km目を迎えた私などを知るよしもなく…後ろの皆さまは冷静に走っておられました^^;

人が多く混雑していて多少ブレーキになったりもした上で、1km目・2km目と5’40/km平均だったことから…

2km目までのピッチとストライドを変えずに走れば5’30/kmほどで走れるし、終盤も少しずつ落としてゴールまでいけるに違いない、サブ4ペーサーは出来ると確信。

ここでようやく落ち着きましたε-(´∀`*)ホッ

(ロス4分20秒)11’20(2km分・5’40/km平均)-5’33-5’34-5’44

5km通過:32分36秒(ロス込み・6’31/km)

5km~10km

5’25-5’21-5’36-5’22-5’20

北海道マラソンでは序盤に少し登って5km手前で平岸通りに入ると、レースの標高としては最も高い所に到達して、その後は少しずつ下っていきます。

この下りは調子に乗るとスピードに乗りすぎて、20km前後での撃沈に導かれるのが定番の、危険な第1のポイント^^;

しかしながら、ある程度同じリズムとピッチで無理せず走れれば、序盤のロスや混雑での遅れを疲労感を増す事なく取り返せる場所でもある。

ブレーキをかけることなく、しっかりタイムを稼いで巡航。

5km地点の給水は例年大混雑するので、付いてきている皆さまには

「最初のエイドは大混雑します!すぐ2km先、7km地点で再び給水所がありますので、そこでしっかり給水しましょう!」

と声をかけたものの、今年はエイドのテーブルが異常に長くて(だいぶ先の方まであった)、奥のテーブルはたいして混雑してなかった^^;

コロナ対策で、人が密集しないように工夫していたんでしょうねー。

10km通過 59分36秒(5kmラップ:27分00秒(5’24/km)

10km~15km

5’23-5’22-5’29-5’27-5’35

創成トンネルに入る前の距離表示がおかしかった(圧倒的に短い)のはありましたが、久しぶりに”モワッ”と暑い創成トンネルに入った!^^;

この辺りになると身体も動いてきて、平岸通りに続いて

(あれ、今日は調子が良いんじゃないの~~?)

と、つい気持ち良く、自然にペースアップしがちな“デンジャラスポイント2″。

すると、ここまで私の後ろに付いてた、サブ4を目指す”ハシルコトメンバー”の1人が、私より前に出てグイグイ先に行ってしまいます。

この方は60歳代の女性ながら、ハーフ1時間48分台・フル3時間53分台の実力者であるGさん。

実力者とはいえ北海道マラソンに向けては走り込み不足の練習内容を知っていたので、温存の必要があると思い

「Gさん、私の後ろに!温存です!」

とお声かけ。苦笑い^^;

トンネルを出ると、最初から付いてきてくれたメンバーの他にも、同じ位置で走っているランナーの方が多くなってきました。

「一緒に付いていかせてください!」

「サブ4狙ってます!いけるところまでいきます!」

そんな感じで1人・また1人と一緒に走る方が増えていったは、とても嬉しかったです~(*^^*)

でも“非公認サブ4ペーサー”とか、クレヨンしんちゃんの仮装をしているとか、怪しげな部分も多々あったので

「すみません、いつもはどれくらいでフルマラソンを走るんですか?」

と、走力に疑念を持って聞いてくださる方も複数名いらっしゃいました^^;

そりゃ当然ですよね。

突然現れたクレヨンしんちゃんに、大事なサブ4のペースメイクを任せて良いのか、私でも

(こいつ、ホントに大丈夫かいな)

って思いますものww

「2時間40分台ですよ~♪ 前回の道マラも、3時間59分30秒でゴールしてますよ~(*^^*)」

というと、みなさま”多少”は(笑)安心してくださったご様子でした^^;

15km通過 1時間26分53秒(5kmラップ:27分17秒(5’27/km)

15km~20km

5’44-5’28-5’30-5’27-5’32

エイドにもよりますが、混雑しているエイドに入るとロスタイムが大きくなります。

少しのロスが積み重なると徐々に大きくなり、ラップを落としていっても良いポイントが後ろ倒しになる。(30kmからペースを落とす予定が、35kmまでイーブンで頑張らないといけなくなる)

なので、なるべくロスが少ないように空いているテーブルから水やスポドリ・バナナなどを適宜補給・給水。

とはいえエイドで全くスピードダウンしないで通過してしまうと、他の方が集団から離れてしまいます。

集団の方々の顔やウェアを覚えて、なるべく集団をバラけさせないように留意。

Mスポーツご提供

さぁ、いよいよ北海道マラソン名物・日陰が一切なく、往復13kmもあって先が地平線のように全く見えない、絶望の新川通りへ!(酷い言い方笑)

(毎年ペーサーをしていますが、新川が近づいても「さぁ、いよいよ往復13km・日陰が一切ない、先が全く見えない絶望の新川通りです!」などと、心をへし折るような事は言いいませんのでご安心くださいww)

20km通過 1時間54分37秒(5kmラップ:27分44秒(5’33/km)

20km~25km

5’24-5’31-5’30-5’31-5’37

今年は例年とは異なり、新川通りは逆走(中央分離帯の向かって右側通行。前回までは向かって左側通行)。

20km前後になると、スタートから付いてきてくださった方の中から徐々に苦しくなって集団から離れていく人が出てきました。

新川通りは、距離的には20km~33kmほどの地点。

最も苦しくなりやすい場所。

少しずつ離れていってしまう皆さまの元に行ってお声かけする事や、ペースを緩める事は出来ません。

今いる、集団に付いてきてくれている方々のためにペースを刻む。

ハーフの通過は、2時間00分40秒。

単純に2倍してもグロスのサブ4にはならないものの、これでOK。

ここまでで4分20秒あったスタート時のロスタイムは、だいぶ吸収してますからね。

シンプルに考えて、ハーフの21.1kmを2時間弱(5’38/km)平均くらいで走ればいけるな、と分かりました。

25km。雪がもらえるエイドに寄ったランナーさんから、雪玉をもらう(*^^*)

周りにいたランナーの皆さまにシェアして、冷たさを味わって頂きました♪

25km通過 2時間22分06秒(5kmラップ:27分29秒(5’30/km)

25km~30km

5’29-5’29-5’28-5’37-5’15(29km・30kmは距離表示の間隔が少しおかしかった)

新川通りの復路、中央分離帯の右側通行。

まだ30km前にも関わらず、だいぶサブ4集団がバラけてきてしまいました。

それだけ夏マラソンに向けて練習を積み上げる難しさ、レース中の暑さによる影響が相当大きいんだな~と身にしみます。

息が上がって遅れだしてしまうと、もう難しい。

新川通りはフラットに見えますが、意外と高架の下にもぐったり上がったり、ここまで使ってきた脚をさらに削ろうかという地味なアップダウンが続きます。

27km。

創成トンネルで私の前に出ながら自重を促されたGさんが、付いてこれなくなり離脱(TдT)

30km通過 2時間49分28秒(5kmラップ:27分22秒(5’28/km)

30km~35km

Mスポーツご提供

5’28-5’35-5’31-5’15-5’29

ここまでくると、明確に序盤から付いてきてくださっている方々はサブ4ギリの記録を持っているランナーではなく、元々サブ3.5やサブ3.5に近い記録を持っていたような方々。

コロナ渦でモチベーションが下がって走力を落としたものの、この北海道マラソンからまた頑張る!まずはサブ4!みたいな、ね。

終盤になると私が追いついてから背中の文言を見て、何とかペースを戻して付いてくるような方が増えます。

当初は30kmから少しずつペースを落とそうかと思っていましたが、序盤にロスタイムやエイドのロスなどが割と大きかったこと、混雑で遅れ気味だった事で…35kmまでイーブンペースで。

と思ったら、33km~34km区間で(クレヨンしんちゃんへ、この区間は熱烈声援を何度か受けて)ついペースが速くなってしまった(5分15秒/km)模様。

同じペースを刻んでいたつもりが、この日、唯一と言って良い明確な”失敗区間”。

一緒に走っている女性ランナー2人(上記写真の、私の左にいるお二方)に

「ペース、速かったよね!」

と怒られたorz ごめんなさいm(_ _)m

それでも付いてきているお二人は、本当に強いです(ホント、スミマセンorz)

無料で非公認のペーサーとはいえ、ちゃんとしないと怒られるのは当然ですよね。

最終的にはこのお二方は、私より前でゴール・グロスでサブ4でした★

35km通過 3時間16分46秒(5kmラップ:27分18秒(5’28/km)

35km~40km

5’42-5’44-5’38-5’52-5’54

35km地点。

「ここからは徐々にペースを落とします!落とさないでもいける方は、先に行ってくださいね!」

そう声かけをして、しっかりペースダウンして進みます。

何人かが、私を抜かして先に。

35kmを過ぎると道端で止まってストレッチをしている方、私設エイドに群がるように集まって休んでいる方々、そして倒れてしまって救護を受ける方も…

北海道マラソンではよく見る光景とはいえ、厳しい。

そんな厳しさを乗り越えて、いよいよ北海道大学構内・最終盤へ。

その時だ。

この最終盤、誰もが苦しい場面に違いないはずなのに、突然

「ここまできたら、もう勝ちゲーっすよね!」

「げんさんが美女だったら、ずっと付いてたんすけどね!」

そんなチャラめな、”レース序盤ですか?”っていうくらい、元気な言葉を投げかけてくる人がいた。

山口県から来た、Mだ。

年齢的には先輩だが、イニシャルで呼びつけだ。(笑)

この人との縁は深い。

ブログを始める少し前、2018年の千歳JAL国際マラソンで私がサブ4ペーサーした時も付いてきてくれて、一緒にサブ4してからのラン友さんだ。

今回も動画や写真を、たくさんご提供してくれた方。

今回の北海道マラソンも、ほぼスタートからずっと私の近くでウロチョロしていた(笑)

集団に入ったかと思えば、美ジョガーがいれば付いていってずっと先に行ってしまう。

また落ちてきて私に

「げんさんにしたら、8速のスーパーカーがずっと3速で走ってるようなもんすよね!」

などと言って絡みつつ、再びどこかに去っていって消える。

また近づいてきては、私が周りのランナーからフルのタイムを尋ねられているのを聞いて

「げんさん、ペーサーとしての走力疑われてますよね!ww 今年はゼッケンのブロック表示が見えにくいから、マジックでゼッケンにSとか書けば良かったんすよ!!」

Sブロックとか、北海道マラソンに存在しねーから(笑)

高田純次バリのテキトー発言や、月間90kmしか走ってないのに、本番でも遊びながらテキトーに走ってグロスでサブ4するんだから…色々な人がいるものです^^;

どーでも良い話を、失礼しましたww

そんな最後の絡みを受け(笑)、あとは赤れんが庁舎を通過してゴールだ!

近くで走っている、付いてきてくださっている皆さまの呼吸も乱れ、非常に苦しそう。

「ここがグロスでサブ4のデッドラインですよ!」

「あとはキロ6でも大丈夫!止まらなければ、大丈夫!行きましょう!」

「ここまで来たら、もったいない!あと少し!!」

そんな言葉を、落ちてきてしまっている皆さまにお声かけしつつ、北大を抜けます。

40km~ゴール

6’15-6’21-1’15

長かったようで短かった夏祭り・北海道マラソンも、これで終わり。

正式なフィニッシュタイムは、3時間59分27秒でした!

フィニッシュをすると、それまで一緒に走ってくれていた皆さまの中で、何人かが御礼の言葉と共に駆け寄ってくださいました!

道中でお声かけ頂いたものの、その後は離れてしまってお別れになってしまった方も何人もいらっしゃいましたが…お声かけ、ありがとうございました!!

そしてスタート前の朝の集合に来てくださった皆さま、ゴール後に芝生の上でダラダラおしゃべりをする会に来てくださったハシルコトRCの皆さまも、ありがとうございました(*^^*)

また来年もサブ4ペーサーしますので、夏の北海道マラソンでお会いしましょう!

フルマラソンのための、個別練習メニュー(トレーニングプラン)作成します!

★ご案内★(2022年7月28日)
ありがたい事に大変多く…

ブログをメールで購読

メールでブログ購読が出来ます♪

メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ともきち より:

    げんさん、北海道マラソン2022、サブ4ペーサーお疲れさまでした!
    序盤からずいぶんなトラブルだったようで

    大会走った人間として「赤本のようなコース紹介」だと思いました!
    来年の大会前に再読してコースイメージしようと思います。

    僕自身は幸運なことにげんさんに追いつかれることもなく、最低限の目標の「公認サブ3.5」達成できました。
    サブ320に届かなかったのは残念ですが。
    モエレに引き続き、後半落ちることなくフラットペースで走り切れたのは、ハシルコトで学んだ練習法のおかげだと思っています!

    • げん より:

      ともきちさん、ありがとうございます!トラブルはブログのネタ降臨ですので、ウェルカムです(笑)

      公認サブ3.5を達成、おめでとうございました!!
      毎年思うのですが、夏の北海道マラソンでPBを狙おうという熱い気持ちを持った皆さま、本当に尊敬します。
      私には絶対無理なので、サブ4ペーサーをしているんです^^;

      後半に落ちないでイーブンで走れたのは、ハシルコトで学んだというよりも…ともきちさんが努力して頑張った成果です♪
      涼しくなってからのフルマラソンが楽しみですが…今年は作・AC真駒内マラソンがないですからね…(TдT)

  2. てっぺい より:

    臨場感のあるレポ楽しく拝見しました!
    非公認ペーサーを掲げてガーミンがフリーズ!想像しただけで背筋が凍ります(笑)

    私はサブ3.5を掲げながら、典型的な30kmの壁にやられて大失敗レースでした…。
    Mさんかうらやましい!
    別海で今度こそ公認サブ3.5取りに行きます!

    • げん より:

      てっぺいさん、ありがとうございます!
      “非公認”とはいえ、信じてスタートから付いてきてくださる方が何人もいらっしゃったので…ヤバすぎて失神しそうでしたw

      山口のMさんは、元々サブ3.5に近い走力がある方ですので…サブ4はたいして練習しなくてもいけちゃうみたいです^^;
      別海での公認サブ3.5、楽しみ!暑くならなければ良いですが…私が出た時は、道マラと同じくらい暑かったです(笑)

  3. カチョウ より:

    しんちゃんのおかげで、ギリギリサブ4達成できました。
    前田森林公園のエイドに立ち寄った際に集団から離れてしまいましたが慌てて追いかけることなく、キロ5分40秒を維持できれば何とかなると自分を奮い立たせ、最後の最後にしんちゃんに追追いつくことができ、歓喜のゴールとなりました。
    本当に本当にありがとうございました。
    これからもご指導の程、よろしくお願い申し上げます。

    • げん より:

      カチョウさん、サブ4達成おめでとうございました!!
      スタートから一緒だったメンバーで、途中少し離れたとはいえサブ4したのは…カチョウさんだけでした★
      本当にナイスランでした!!
      またいつでもコメントや、メールでご連絡くださいませ(*´∇`*)

  4. コメット より:

    黄色いTシャツで途中のラップが「速いー」と文句を言った者です(笑)
    道マラには一般ランナー向けのペーサーがいないのか…

    • げん より:

      コメットさん、道マラではご迷惑をおかけ致しましたm(_ _)m
      道マラで一般ランナー向けのペーサーが設置されるようになりましたら、早々に道マラサブ4ペーサーを引退します^^;

      • コメット より:

        メッセージがなぜか途中で切れている…泣
        道マラには一般ランナー向けのペーサーがいないのか…
        には続きがありまして、
        →と、ガックリしていた私に神様は「しんちゃん」の神ペーサーをプレゼントしてくれました。感謝感謝の4時間でした。本当にありがとうございました!
        です!!

        • げん より:

          コメットさん、改めてのコメント、ありがとうございます!

          ガックリされていたところに「しんちゃん」のぺーさー、ガッカリではなく喜んで頂けたのですね!安心しました~~(*^^*)
          本来はサブ4よりもずっと高い走力をお持ちなんだというのは、すぐに分かりました。

          これからさらなる高みを目指して取り組んでいかれると思います。
          どうか良い練習を積み上げて、秋は素晴らしいタイムを出してください!
          もし良いタイムが出たら、こっそり教えてくださいね~~(どの記事にでもコメントで結果をお知らせくださいましたら、コメント非公開で登録のメールアドレスにお祝いのメールをお送りしますね♪)

  5. zukki より:

    いや~今回も面白すぎるんですけど(´▽`)
    ガーミンフリーズとか、いいタイミングすぎwww
    ネタの神様降臨♪
    でも、これによってよりペーサーとしての貫禄がつきましたね!
    M氏がいい味だしてて、楽しませて頂きました( *´艸`)
    来年はいったいどんなドラマが待っているのかしら??
    よりハードル上がるけど、楽しみにしてます♪

    • げん より:

      zukkiさん、いつもありがとうございます!
      後から振り返れば”ネタ降臨”なのですが、その時は顔面蒼白・心拍上昇・脇汗手汗ビッショリで…お祭りなのに地獄でした(笑)

      山口のMさんは頭が良く、お話も面白く、尊敬出来る先輩なのですが…ブログの構成上、あのような扱いになってしまいました^^;
      でも御本人から「ネタとして使って良いよ」と言われておりますので…たぶん大丈夫です!w

      無料のボランティアペーサーとはいえ、ペーサー業務をしていると当然ながら”正確性”が問われます。
      決して全てが楽しいことばかりではないですが、95%は楽しいことなので、来年も続けます★

      北海道マラソンがサブ4公式ペーサーを設置したら必要なくなるので、やめますけどね(笑)

  6. ユウ より:

    げんさん、北海道マラソンおつかれさまでした!
    朝の大通公園でしんちゃんをお見かけしましたが私自身もシャイボーイのためスルーしてしまいました…来年は「キモいですね!」とお声掛けさせていただきます!
    ブログ参考にさせていただき、PBを30分更新できました。ラン友がいないわたしには本当にありがたく…これからもブログ楽しみにしてます、ありがとうございました!

    • げん より:

      ユウさん、ありがとうございます!
      なんと、朝の大通り公園で私を発見したのですね!でも、声なんてかけずらいですよね~。
      私もシャイボーイですので、大変によく分かります^^; 是非とも来年はお声かけください♪

      それにしてもPB30分更新とは、尋常じゃないです。とっても努力されたのでしょうね!
      ラン友さんがいらっしゃらない方は、どうぞTシャツをご購入頂き、ハシルコトRCへ!(笑)

  7. ぐっちぃ より:

    げんさん、重要な任務お疲れ様でした!
    げんさんのブログを読み込んでたので、あれ?げんさん本田圭佑スタイルで時計2つしてなかったっけ?って思ったのですが、やっぱりそうでしたか(後出しじゃんけん笑)

    とは言っても2個1みたいなもんなのでいくらラップの時計が動いても私ならパニックです!腹時計なら正確なのですが(;^ω^)

    7月くらいまでの走り込みができていたら来年出ようかな…
    レースもですけど、前後も楽しそうです。

    私もぼちぼちリハビリ始めようという段階になりました。

    • げん より:

      ぐっちぃさん、ありがとうございます!本田圭佑スタイル、バレてましたか(笑)
      さすがブログを読み込んでくださっている、ぐっちぃさんです(*^^*)

      腹時計の正確さでは負けません。こんど勝負しましょう!(どうやってw)

      来年、ぐっちぃさんが北海道にいらっしゃったら…ちょっと感動です(TдT)
      もし様々なご都合がつけば、是非いらしてください♪

      リハビリウォークなどのログ、いつもこっそり拝見しています!
      これからも応援してますねっ!!

  8. たか より:

    げんさんコメント遅くなりました〜
    道マラお疲れ様でした!
    いろいろあったのですね楽しく読ませて
    いただきました。
    私はげんさんを発見出来たのですが
    スタート前にスピーカーの近くに
    いらっしゃったので会話できないと判断してお声かけ諦めて往復区間で呼ばせて
    いただきました。気づいていただき
    感謝です!また会える日を楽しみに
    トレーニングに励みます^ ^

    • げん より:

      たかさん、ありがとうございます!色々ありましたが(笑)、無事に任務完遂しました★

      スタート前に発見して頂けましたか!
      仰る通りスピーカーの前で、隣の人との会話もままならない状況でした^^;

      往復区間でお声かけ頂いたこと、分かりましたよ!ありがとうございましたーー!!
      またお会いしましょうね~~(*´∇`*)

  9. ジェリー より:

    げんさんお久しぶりです(^^)
    げんさんを発見してお声をかけようと思ったのですが、見つけられなくて残念でした。
    私は去年9月に出した自己ベストを更新し、ネガティブスプリットの2時間47分で悲願のサブエガ達成しました!大規模大会ならではの熱気や声援のおかげで最後まで笑顔で走れ、とても思い出に残る大会でした。

    • げん より:

      おー、ジェリーさん、お久しぶりです!ほぼ1年振りですね!コメントありがとうございます(*^^*)

      今回の北海道マラソンで悲願のサブエガを達成されたのですね!!おめでとうございました!!
      比較的気温は低めだったとはいえ、やっぱり暑い北海道マラソン。
      そこでサブエガを達成したというのは、大きな自信になる事でしょう★

      涼しくなったら一気にサブ45、いけるのでは!私も狙っているのはそこ(3’50/km巡航)ですので、同じレースで走れたら楽しそうです♪
      今のところ金沢をステップにして、つくばでサブ45を目指そうと思っています。
      もしかしてジェリーさんも、つくばに出場されるのでは!(*^^*)

      いつかお会いしましょうね~~!

  10. ジェリー より:

    私のことを覚えてくれていて嬉しいです(*^^*)
    つくばは、出てみたいですが、初雪の時期なので、直前にスノーランになってしまう可能性があり調整に難があるので、水戸黄門漫遊マラソンや、金沢マラソンあたりですかね…
    今季のレースは札幌マラソンとさっぽろさよならマラソンを予定しています。いつかげんさんと走れる日を楽しみにしています♪
    無事にげんさんがベストで走れることを願ってます(^^)
    お互い頑張りましょう!

    • げん より:

      ジェリーさん、お返事が遅くなりまして申し訳ございませんm(_ _)m
      もちろん覚えてますよ!とっても走力が高くて「わー、凄いな~」って思いましたもの♪

      水戸黄門や金沢マラソン、暑さがまだ少し残るので…私にとってはベストパフォーマンスが出せないんです(ホント、弱いです笑)
      なので私は毎年秋のフルは”つくば”一択に毎年なっている次第です^^;

      今季は札幌マラソンよさよならの、両ハーフなんですね!
      私は出ませんが、素晴らしい記録で駆け抜けるんでしょう(*^^*)
      結果を期待しています★