サブ3達成の為のロング走のペース&練習日誌

練習日誌

昨日は駅伝だったので、今日はジョグのみ。

スピード練習や駅伝のようなレースの翌日ジョグは速くなる傾向があるけど、今日はゆっくりを心がけて。日々のジョグも速いと怪我しちまいそうで^^; それでも少し速いかな。

11km 58’18(5’18/km)

しっかし朝晩は涼しくなったなー。20度下回るとホント走りやすい。

15度切るくらいになると本気だせる(笑) それまでは本気だしても暑くてすぐバテる、北国仕様のボディだからな。(東京出身のクセにw)

駅伝のダメージはそれほど感じない。どこかに痛みも無いし筋肉痛も無い。

やっぱり厚底シューズはダメージをさほど受けないから、筋力低下するのか?w

練習日誌 つくばに向けて1ヶ月ぶりに本格的なスピード練習再開、チームの練習会に参加。メニューは 2000m+1000m 2000mと...

サブスリー達成の為のロング走のペース

昨日サーモン駅伝で仲間と話をしている時のこと。

3時間一桁のタイムを持つ女性ランナーから質問されたんだ。

女性「サブ3する為に必要なロング走のペースはどれ位ですか?」

私「全く分かりません」

こらーーーっ!!(笑)

いや~、半分冗談だけど、半分本気なんだよー。

だって人によるじゃない?

自分の例というか、自分がサブ3する為に「これが出来てればサブ3は濃厚」っていう基準は、もちろんあるよ。

でもランナーって十人十色っていうか、本当に人それぞれだからね。スピードタイプかスタミナタイプか、だけでも全然違うし。自分の基準を話しても、相談してきてくれた方の参考になるかどうかは相当微妙。

結局、初めてサブ3を達成する為の方法論というか、アプローチ方法ってたくさんあって十人十色であることと同様、サブ3達成の為のロング走の基準も自分で模索するしかないんだ。

ちょっと前に

「フルマラソンで全然30km走とか35km走しないくせに、レースの終盤全く落ちないで完全なイーブンでゴールする人がいるじゃない。」

練習日誌 まずは今回の台風で被害に合われた方に心からお見舞い申し上げます。 札幌も深夜、ものすごい風雨だった。午前2時位から...

って、上記の記事で書いたけど、全然ロング走しなくてもフルマラソンをイーブンで走りきれる人もいるのよ。

そこまでいかなくても、練習の30km走は最速でも4’30/km程度でしかやらないけど、本番ではしっかり4’10/kmのラップを刻んで、終盤までほとんど落ちないか、ごくゆるやかなペースダウンで盤石のサブ3をするコスパ良好ランナー、いるんだよねー。

レースが近づくと、自分は4’10/kmで一生懸命ロング走をやるんだけど、コスパ良好ランナーは全く付いてこれない。練習の30km走は勝負にならない。大差で圧勝だ。

でも本番では4’10/kmでガッチリ後ろに付かれて、終盤軽やかに抜かされる。

「なんでーーー!!」(涙目)

と思うけど、こればっかりはしょうがない。

自分が一番大事な基準としてるのは、本番のコースと変わらない高低差のコースで30km、できれば35kmを4’10/kmでいければ、本番当日よっぽど調子が悪くない限り、サブ3はいける。2時間55分切りたいなら4’05/kmで30km(できれば35km)だ。

ある意味サブ3達成のための基本、マニュアル通りだよね。

サブ4だったら5’30/kmで同じようなメニュー、サブ3.5だったら4’50/kmで…というような。

でも、大事なのは本番のコースと変わらない高低差のコースっていうところ。

アップダウンが割と多めなコース(北海道では洞爺湖や千歳JAL)などでサブ3を目指そうとすると、平坦な場所で4’10/kmの30km走が出来たとしても物足りない。というか、それじゃあサブ3出来ないのが自分のスペック。

あくまでも本番と同じような高低差でのロング走っていうのが、自分の中では大きなポイントだ。

それにしてもラン仲間でコスパの良い、マニュアル通りに練習をこなさなくてもサブ3出来るランナー達を見てると、オレってコスパ悪!って心から思うw

練習はユルく、本番ではしっかり目標のペースで走れる、コスパの良いランナーになりたいねぇ。

ということで、結局その女性ランナーには

「じゃ、じゃぁ2人で4’10/kmの30km走、一緒にしましょうか…(*゚∀゚)=3ハァハァ

などと、鼻息荒く発言したら相当キモいだろうから自重w

サブ3達成に必要な、一般的なことを話して終わってしまった(笑)

でも初めてサブ3に挑戦するなら、やっぱり王道であるレース3週前や4週前に4’10/kmでの30km・2時間5分を、ある程度の余裕もってこなしたいところですよね。

フルマラソンで3時間を切って2時間台でゴールする「サブ3」。 市民ランナー憧れの領域であり、2017年度全日本マラソン...
「人の行く裏に道あり花の山」 これは投資の格言ですが、教科書通りのトレーニングをしていて「越えられない壁」がある時は、常識から...

もしサブエガを目指すとしたら、少なくとも3’57/km~3’58/kmでの30km走1時間59分ほどを余裕もってこなせることが必要。

うーん、全く想像できねー(白目)

8+
スポンサーリンク



ブログをメールで購読

メールでブログ購読が出来ます♪

メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする