追い抜き注意

外ラン、夜ランの危険

オッサンが外でジョギングをしていて、道を歩いている一般の女性に近づく時は、よくよく注意しなければいけない。

先日正面から来る女性とすれ違う際、ハンカチで口と鼻を抑えられた。

「おぃおぃ、そんなにオレはクサそうか?」

とキレてはいけない。

考えてみてほしい。

正面から汗だくのオッサンがゼィハァ来るんだ。そりゃイヤだよねw

かと言って、たまに

「オマエ、ぜってーコロンつけてるだろっ!走ってるのに、すげーいい香りw」

っていう人もいるが、オレはそんなキャラじゃねーしなー。

また、暗くなった公園で走っていて、前を歩く女性がオレの足音に気づくと凄い勢いで振り向く。変質者かひったくり、そんな危険を感じるんだろう。

そんな状況になりそうな場合スピードを落として息を整え、その女性のそばを走って抜くのではなく、可能な限り離れて抜いてほしい。「私は怪しくないですよ」アピールだ。

私のラン友で、帰宅ランをするためのランパンを忘れてジーパンで4’15/kmのスピードで夜道を自宅まで帰ったランナーがいる。

追い抜く人の多くに怪しい目で見られたとかどうとか…ジーパンでそんなスピードで後ろからオッサンが近づいてきたら、男のオレでも恐怖だ。女性ならなおさらで、通報されてもオカシクないレベル。「ジーパン姿の怪しい人が全力で逃げていきました」っつってね。

そんな危険なマネは絶対してはならない。

後ろに付かれる時

外を走っていても屋内施設を走っていても、誰か知らないランナーに無言で後ろに付かれる事がある。急に足音とメンズのゼェハァが聞こえてくる。

速いペースで後ろから追い付かれて一緒に…というのはあまり無い。そういうランナーは軽快に私など抜いていく。

問題はメンズを抜かした時に発生するんだ。

ウィメンズを抜かしてもそういう事態に発展する事は無い。臨むとこなんだけど。

1人で閾値走をやっている時なんかでよくある。男子は抜かれると

「オレだってそれくらいで走れるわい」

っていう気持ちがムクムクと湧いてくる時があるからねw

先日もスピ練をしてる時、ジョグペースの方を抜いたら付いてきたっぽい足音。

キタこれ。しかし、決して後ろは振り返れない。

「ナイスペースっすね!何km走るんすか?一緒に行きましょう!」

などと爽やかに話しかけられればいいんだけど、そんなの一生無理だ。

なんつったってオレはシャイボーイなんだ。

それからはどちらかが脱落するまで我慢比べ。

さもラクそうに、なるべく呼吸を荒くしないように進む。やせ我慢ねw ペースダウンは決して出来ない。後ろに付かれたら、なんかペースダウンしにくいじゃない。

後ろに付かれてから1km程走っても離れない。ガーミンは3’45/kmのペースだと教えてくれた。

ここで思い切って勝負に出る。少しペースアップした。

一瞬息遣いが離れるものの、しばらくするとまた息遣いが近くで聞こえるようになった。

最悪だ。こうなると後悔と地獄がいっぺんにやってくる。上げたペースから落とせなくなった。

やむなく上げたペースで粘る。呼吸の荒さを気付かれないように粘る。ガーミンは3’40/kmを切る勢いだ。

後ろは…やや呼吸が乱れたか。いや、オレの方が乱れてるか。

なにこの不毛な戦い(笑)

付かれてからもうすぐ3km。自分のスピ練もあと1kmちょいだ。

「もうちょっと粘れば堂々と自分の練習が終わるから止まれる…」

そう思った瞬間だった。

後ろのメンズが一気にオレを抜いていった。

そう、やられたんだ。相手はラストスパートかもしれないが、いずれにしても敗北感。

ちきしょー!アイツ(アイツ言うな)は気持ち良かっただろうなーー!!

まとめ

練習が終わった後、バトルをした相手とお話したことなどない。

多分アイツもオレと同じくシャイボーイなんだろう。それもまた良いじゃないか。

お互い良い練習が出来たということで!

9+
スポンサーリンク



ブログをメールで購読

メールでブログ購読が出来ます♪

メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする