別海町パイロットマラソン レースレポ

2016年10月、別海町パイロットマラソンを走ってきました!

これから別海を走る方の参考になれば幸いと思い、掲載させて頂きます。

レース前の事。ウェア・持ち物・作戦

同じ北海道内とはいえ、別海町は札幌から400km程の距離があり、車で行くにはお休みを含めると7時間はかかる予定で行かないといけない。

仮に東京から400kmというと、北は岩手県盛岡市、西に行くと兵庫県神戸市…って、大阪より向こうなのかー!遠いーー!!

レース前日の朝8時半にラン友2人と待ち合わせ、3人で車に乗って別海町を目指す。

途中の休憩、昼食、ちょっとした観光もして16時頃に別海町へ到着。

ウェア

1,アディダスの赤い袖ありTシャツ

2,オークリー レーダーロックパス

3,アシックスマルチポケットパンツ

4,タビオ レーシングラン5本指ソックス

5,adizero japan boost

持ち物

1,アミノバイタル パーフェクトエネルギー 130g×2個

2,honeyplus ここでジョミ×2本

作戦

この時のフルPBは3時間4分台。別海の3週間前には30kmを2’04’44(4’09/km)で走る練習もこなして、自信を持ってレースに臨む準備は出来た。

別海はフラットだという事で話は聞いていたので、30kmまで4’10/km前後で巡航して、そこからは何とか粘って初めてのサブ3を達成する気持ちは満々だ。

別海町パイロットマラソン 完走記

当日の朝。レース前は曇っていましたが、どんどん雲が無くなって快晴!北海道マラソンですか、この気温!この日差し!

スタート時に18.8℃の気温はどんどん上がっていく気配。こりゃ今日のレースは厳しいか。

スタート~10km

42’41(4’08,4’07,4’12,4’12,4’08,4’16,4’17,4’17,4’13,4’18)

強い日差しの中スタート、一応4’10/kmで走り始めるも、日陰がほぼ無いコースに加えてどこまでも続くようなユルい登りに体から「この条件ではペース速すぎるよ」と言わんばかりの警告。

わき腹やお腹全体が痛くなったり、右肩が痛くなったり、とにかく呼吸が乱れる。序盤でこの状態はヤバい。

10km~20km

46’59(4’18,4’24,4’30,4’36,4’32,4’50,4’46,4’48,4’49,4’43)

何とか15km程まで頑張って走ってましたが、もうバテバテ。

30kmまでは余裕を持って走らないといけないにこの有様では…今日は無理だと悟りました。

心が折れると一気にキロ5近くまでペースダウン。

20km~30km

44’00(4’40,4’30,4’26,4’30,4’30,4’32,4’30,4’30’4’29,4’30)

ペースダウンしてから、当然ながら抜かれる一方。

そんな状態でしばらく走っていると、21km近くで後ろから女性を含めた集団が。

付いていってみると4’30/km、3時間10分切りを狙っているグループだ。

まだ先も長いし、折角だから完走して鮭まるごと1匹もらいたいしw付いていってみた。

集中すれば意外と走れるものだ。しばらく4’30/kmで巡航させてもらった。

30km~40km

55’00(4’38,5’07,5’32,5’10,5’28,6’12,5’37,5’45,5’34,5’23)

それも長くは続かず、30km以降はグデグデorz

ゆるい坂は辛いし、沿道に応援する人はおらず牛ばかり(笑) エイドも少なくて心が折れたー!

帰りの長距離運転も考慮して、完全に完走・鮭ゲットを目指して進む。

40km~ゴール

14’21(5’18,5’22,3’41)

最後まで心折れたままゴール^^;

暑くて辛くて、サブ3も出来ずに凄く大変だったけど、鮭もらえたからいっか(笑)

今回はしょうがない!次だ次!!

そう、次のフルはいよいよファイナルステージ、フル20回目となる「つくばマラソン」だ。
例年気温が10℃~15℃で安定している、アップダウンが非常に少ない高速コース。
ここで出なかったら諦めもつくというものだ。

つくばに向けて良い練習になったと思いたーい。

※撃沈の別海を経て、翌月走ったつくばのレースレポはこちら

応援頂き、ありがとうございました!

3+
スポンサーリンク



ブログをメールで購読

メールでブログ購読が出来ます♪

メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする