十勝岳トレイル レースレポ 後半

3km~十勝岳折り返しまで

つづき。

十勝岳トレイルレースレポ前半はこちら

十勝岳トレイル55km、走ってきましたー! 十勝岳はITRAポイントが3ポイント付く大会。 先日大雪山ウルトラト...

3kmで肺が故障、あと50km以上あるんだけど、本当にやめたくなった。

周りのペースに合わせてるとキロ5だし、何なら4分台/km入ってるほど速いし。

とりあえず、ゆっくりジョグペースで進むしかない。まだ先は長いんだ。ペースダウーン!

落ち着こうと思って、あえて止まって写真撮影した。

10km。最初のエイドがやってきた。ここでもしばらく止まって補給&壊れた肺を整える(笑)

10kmのエイドを過ぎてから結構な雨脚になってしまった。

ここではそんなに寒くなかったけど、これがお山の上まで続いたら寒そうだな…

ひたすら登りメインの林道っぽい道を進む

17km~18km辺りで石ばっかの場所に出た…ナニコレ

こんな所、みんなよく走るな~と感心しながら、自分は歩く^^;

だって転んで怪我したら進めなくなるよー。どんなに遅くても完走する事が一番なんだ。

でも一度転んでスネ打った。

ゲーター履いてたから見えなかったけど、レース終わって確認したら、めちゃ腫れていて血も出てた。やっぱりトレランは危ないぜ。

やがて20kmのエイド。OS1ゼリーもらって、ゆっくりくつろぐ。

さぁ、ここからは初めての山岳区間だ。

レース前の開会式で

「山頂の気温は8℃、風速は10m、分かりますね?体感温度低いですよ!装備に注意です。」

と注意喚起を受けていた&確かに風が冷たくなってきたので、お山のふもと・望岳台と書かれた岩の場所で止まってザックを下ろし、ゴアテックスのジャケットと手袋を着用して山へ。

折り返しの十勝岳避難小屋までの勾配のキツいこと…ふくらはぎがピクピク、2回ほど攣りかけました。キツくて写真撮る余裕なし(笑)

お腹が減ってきたので、登ってる最中にオニギリ1個を食べる。ゼハゼハしながら食べるオニギリの味は…何も覚えてないw

装備のお陰で寒いと感じる事も無く、無事に折り返し地点までたどり着いて下りへ。

山頂~ゴールまで

しばらく下ると歩行区間に突入。なに歩行区間!初体験!堂々と休めるじゃない!!(笑)

でも…みんな歩くの速!!どんどん抜かれるよ~w

さすがに歩行区間、なんだか緑が多くて道が狭い。そして岩場の下りが急だよ。

歩行区間が終わって元気に走りだすも…

ずっと砂利道で超走りづらーーい!!足裏いてーーー!!

この砂利区間が一番キツかったなー。ハンガーノック気味になって、ゆるい下りが続く場所なのにキツくなって歩いた。止まった。

「あー、コレはすぐに補給しないとマズいやつだ。補給した上で我慢して巡航していれば、少ししたら楽になる」

サロマを4回も走っていて良かった。経験が血肉になってるよ。自慢じゃないが”復活”の仕方もお手のものじゃないか。(自慢)

すぐジェルや黒糖ナッツを食べて、水やポカリをガブガブ。

そして我慢して巡航していると…30分位かな。楽になってきた。

あ!やっぱジェルって効果テキメンだよ!!(笑)

「補給で摂取する粉とかジェルとかってホントに効果あんのか?」 マラソンやってると色々な情報が入ってくる。 特に"常識"だと考...

で、32kmのエイド到着

手持ちの水が無くなってきたので補給。

結局このレース、水やらポカリやら、2.5リットルくらいは飲んだな。

水が少なくなってきた時の恐怖感も少し味わえた。やっぱ水が無くなるのは怖いわ。

この32kmのエイドで大学生?位の若い女の子スタッフが

「あともうちょっとですから、頑張ってくださいね!」

と元気良く励ましてくれた。

私の他に数名のランナーがいたけど、しばらく無言…何故ならまだゴールまで20km以上あると全員分かっているからだ(笑)

悪気は全く無いんだ。心が折れかけたけど(笑) とにかく励ましてくれようとしたんだから、

「ありがとう!行ってきます!!」と答えた。

「ちょ、待てよ!(キムタク風)まだ20km以上あるんだよ」なんて言えない。オトナだからね(笑)

しかし、走り出すと、エイドの会話が後ろから聞こえてきた。

男性スタッフ「”もうちょっと”って、まだゴールまで遠…」

言ってくれてありがとう(笑)

それにしても、野を越え川を越えしてると、段々とグデグデになってくるね。ロードが楽に思えてくるよ(気のせい。決してロードの55kmも楽ではない)

そして、やっとゴール見えた!

無事に6時間ちょいで完走、3ポイント獲得する事が出来ました!

これで、先日完走した大雪山ウルトラトレイルの40km2ポイントと合わせて5ポイント、STYへエントリーする為の抽選に申し込みは出来る!!

…と思ったけど、十勝岳55km・1500m程度の獲得標高でこの疲労…STYって90km以上の距離で4000mを超える獲得標高でしょー。夜間走行あるし。やべ、想像出来ない。

UTMFなんて信じ難い、超ド変態レースだわ。

UTMFのような100マイル攻略はおろか、STYへの道すら果てしなく遠く思えてきた。

十勝岳トレイル、応援してくださった皆さま、ありがとうございました!!

3+
スポンサーリンク



ブログをメールで購読

メールでブログ購読が出来ます♪

メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする