【速報】大雪山トレイルジャーニー70km

大雪山トレイルジャーニー70km、完走しました!

金曜日に38度の発熱をしたものの、薬飲んで寝たら翌朝には36度台に低下。

で、参加(*^^*)

レースは気温が高くて暑く、序盤の10kmですでに暑さでやられ、発熱後の影響もあってかフラフラしだして20km過ぎでザックを下ろし道端に5分ほど座り込む始末。

ものすごくDNSしたかったですが(笑)、A3平山関門(53km)で制限時間にかかるまでは進もうと思って、歩き始めました。

その後、多少の復活などもあって、設定の厳しいA3関門を制限の30分前(6時間30分、時刻11時半)に通過。

どうにか暑さと具合の悪さを乗り越えて、涼しいと思われる山岳パートに行けた!

と思ったら、ここからが本当の地獄の始まり(笑)

最初の山である比麻良山の雪渓近くの急登、稜線で受けた台風並みの突風とTシャツでは進めないほどの寒さ、3つ目の天狗山で味わった壁のような急登アゲイン、下りは前日の大雨の影響で泥の道…まともに下れず。

飛び出した岩に膝を痛打して3分うずくまってフリーズ。血がにじむ。

泥の下りで滑って、滑った先に木の根があってスネを強打、5分うずくまる。血だらけだw

帽子をかぶっていたのでツバで見えなかったか、枝に頭を打ち付けて星が散る(@_@;)

もう大雪なんて二度と出ねぇ!絶対だ!!

…数日経てば記憶の美化が始まると思うけど(笑)

応援頂いた皆さま、ありがとうございました!

詳細なレポは、また後日♪

18+
スポンサーリンク
スポンサーリンク



ブログをメールで購読

メールでブログ購読が出来ます♪

メールアドレスを記入して購読ボタンを押すことで、更新記事を逃さずメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アバター 阪井徹史(てっちゃん) より:

    お疲れ様でした。あの山岳エリアは難コースですよね。
    数年前、第2回でしたか、マムートカップ時代にショート(25kmだったかな?)に参加しました。たぶん、今回のロング山岳パート部分のみのコースです。
    ショート25kmということから、初心者の家内を連れて出場し、平山関門を突破してしまったため、下りで大変な目に遇いました。その年も視界30m位の悪天候で、家内は滑る下りが降りれず、しまいに膝が痛くなったらしく、ゲレンデ区間も歩くのがやっと。制限時刻16時を大幅に上回る19時直前のゴール。こんなに暗くなる予定もなく、ライトも持たない中、周りにランナーも見当たらず、寂しいレースでした。
    ただ、タイムオーバーでしたが完走扱いしていただいた上、ロング80kmのマムート製の完走シャツをいただきました。運営の気持ちは分かりましたが、私だけだったとしても、制限ギリギリだったように思います。厳しいコースでした。

    第3回からはこのショートは消え、今年も草原を走るコースだったような。

    大雪山、東京からは遠いという理由もありますが、リベンジするのを躊躇する大会です。

    0
    • アバター げん より:

      てっちゃん、コメントありがとうございます♪
      大雪山ウルトラトレイル、奥さまと一緒に出場された事がありましたか!
      平山関門(今回のA3・山岳入り口だと思います)を突破したら、山岳に行くしかないですよね^^;

      それにしても、悪天候だと下りはまともに下れないのは確かです^^; 16時関門で19時直前ゴールとは、本当に大変なレースorz
      仰る通り、大雪山は東京からは遠すぎてリベンジは難しいですし、何より思い出が悪すぎです(@_@;)
      その思い出が美化された頃、また是非いらしてください(笑)

      1+